映画
ワンダーウーマン 1984

ワンダーウーマン 1984

10/28(木)午後3:15

11/5(金)よる6:15

DCコミックスのスーパーヒロイン、ワンダーウーマンの活躍を描くシリーズの第2作。ワンダーウーマンことダイアナは、亡くなったはずの恋人スティーブと再会するが……。

「スーパーマン」「バットマン」などで知られるDCコミックスの人気キャラ、ワンダーウーマンことダイアナを主人公にしたシリーズの第2作。第1次世界大戦を背景にした前作から半世紀以上を経ても、まだ老いることがないダイアナ。彼女は1984年、不思議な“石”をめぐって新たな冒険へ。活劇のみならずダイアナとスティーブのロマンスが魅力的な上、近年の米国を反映させたような“悪のカリスマ”の出現がリアルで見応えたっぷり。主演のG・ガドットと名タッグを組んだ監督は、前作に続いてP・ジェンキンス。

My番組登録者数
  • 435
ワンダーウーマン 1984

DCコミックスのスーパーヒロイン、ワンダーウーマンの活躍を描くシリーズの第2作。ワンダーウーマンことダイアナは、亡くなったはずの恋人スティーブと再会するが……。

1984年、首都ワシントンにあるスミソニアン博物館で考古学者として働くダイアナは正体を隠し、正義のヒロイン、ワンダーウーマンとして活躍。彼女の博物館に“一つだけ願いを叶える”という“石”が運ばれ、ダイアナとその同僚バーバラがそれぞれ願うと、ダイアナの前にかつて亡くなった恋人スティーブが現われ、一方でバーバラは超人的パワーを持つ怪人チーターになる。強欲な実業家マックスは“石”を手に入れようとし……。

作品データ

  • 原題/Wonder Woman 1984
  • 制作年/2020
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/152分
  • 内容時間(吹替版)/152分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春・アクション/冒険・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
成人後のダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン ガル・ガドット
スティーブ・トレバー クリス・パイン
バーバラ・ミネルバ/チーター クリステン・ウィグ
マックス・ロード ペドロ・パスカル
アンティオペ ロビン・ライト
ヒッポリタ コニー・ニールセン
少女時代のダイアナ・プリンス リリー・アスペル

スタッフ

  • 監督
    パティ・ジェンキンス
  • 製作
    ザック・スナイダー
  • 製作
    ガル・ガドット
  • 製作
    パティ・ジェンキンスほか
  • 原案
    パティ・ジェンキンス
  • 原案
    ジェフ・ジョンズ
  • 脚本
    パティ・ジェンキンス
  • 脚本
    ジェフ・ジョンズ
  • 脚本
    デヴィッド・キャラハム
  • 撮影
    マシュー・ジェンセン
  • 音楽
    ハンス・ジマー

関連特集

吹替で楽しむ!最強の戦士 ワンダーウーマン

最強の戦士 ワンダーウーマン

年末メガヒットスペシャル!

年末恒例、メガヒット映画のオンパレード

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

吹替で楽しむ!最強の戦士 ワンダーウーマン

最強の戦士 ワンダーウーマン

年末メガヒットスペシャル!

年末恒例、メガヒット映画のオンパレード

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの