メニュー

映画
ドクター・ドリトル(2020)

ドクター・ドリトル(2020)

5/21(土)午後7:00

5/22(日)午後7:00

児童文学の名作「ドリトル先生」シリーズを新たに映画化したファンタジーアドベンチャー。R・ダウニー・ジュニアが、動物と話せる医師“ドリトル先生”役を演じた。

第1作の刊行から100年以上を経て、なお世界中で愛読されているH・ロフティングの名作児童文学シリーズを映画化。現代的なアレンジが加えられ、女王陛下を救うための冒険とともに、愛妻を亡くした悲しみと後悔から世捨て人同然となっていたドリトル先生の再生のドラマも綴られる。ドリトル先生役は「アイアンマン」シリーズのR・ダウニー・ジュニア。共演はA・バンデラス、M・シーン、J・ブロードベントなど。CGとは思えないほどリアルな動物たちの活躍と、E・トンプソンら豪華な声のキャストにも注目だ。

My番組登録者数
  • 77
ドクター・ドリトル(2020)

児童文学の名作「ドリトル先生」シリーズを新たに映画化したファンタジーアドベンチャー。R・ダウニー・ジュニアが、動物と話せる医師“ドリトル先生”役を演じた。

動物と話ができる変わり者の名医ドリトルは、妻を亡くした悲しみから動物だけを相手に隠遁生活を送っていた。そんなある日、彼のもとに重い病に苦しむ女王を助けてほしいという依頼が舞い込む。信頼を置くオウムのポリネシアに説得され、渋々宮殿に参上したドリトルは、女王が毒を盛られていることに気付く。解毒に必要な幻の果実を求め、先生と押しかけ助手となったスタビンズ少年、そして動物たちは伝説の島を目指すのだが……。

作品データ

  • 原題/Dolittle
  • 制作年/2020
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/102分
  • 内容時間(字幕版)/102分
  • 内容時間(吹替版)/102分
  • ジャンル/アクション/冒険・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
ジョン・ドリトル先生 ロバート・ダウニー・ジュニア
ラソーリ アントニオ・バンデラス
ブレア・マッドフライ マイケル・シーン
バッジリー卿 ジム・ブロードベント
トミー・スタビンズ ハリー・コレット
ヴィクトリア女王 ジェシー・バックリー
ポリネシア(オウム) エマ・トンプソン
チーチー(ゴリラ) ラミ・マレック
ジップ(犬) トム・ホランド

スタッフ

  • 監督
    スティーヴン・ギャガン
  • 製作総指揮
    ロバート・ダウニー・ジュニアほか
  • 製作
    スーザン・ダウニー
  • 製作
    ジェフ・キルシェンバウムほか
  • キャラクター創造
    ヒュー・ロフティング
  • 脚本
    スティーヴン・ギャガン
  • 脚本
    ダン・グレゴールほか
  • 撮影
    ギレルモ・ナヴァロ
  • 音楽
    ダニー・エルフマン

関連特集

4Kシアター

週末はWOWOWで4K映画を。

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

4Kシアター

週末はWOWOWで4K映画を。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの