ドラマ
Theory of Love[特別編]:スタンド・バイ・ミー

Theory of Love[特別編]:スタンド・バイ・ミー

6/15(火)午前5:40

タイBLドラマ史上最も切ないと話題になったラブストーリー「Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ」のその後を描く特別編を日本初放送。

タイBLドラマに夢中になったファンの間で、タイBLドラマ史上最も切ないと話題を呼んだ「Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ」。同作のその後を描き、タイで2020年10月に放送された特別編が日本初放送される。同作は親友に友情以上の想いを3年も抱き続けるも、友達でいられなくなることを恐れ、気持ちを伝えられない男子大学生の姿を通し、片思いの切なさや苦しさを描いたラブストーリー。主演を務めるのは、ハートフルコメディ「I'm Tee, Me Too/アイム・ティー、ミー・トゥー」にも出演した“オフガン”の愛称で人気を集める2人。アタパン・プーンサワット(ガン)が大学で映画学を専攻するサードを、ジュンポン・アドゥンキッティポーン(オフ)が超自己中なプレーボーイのカイを演じる。「Theory of Love[特別編]:スタンド・バイ・ミー」では大学卒業後を舞台に主人公サード、カイたちのその後や、久しぶりに集まった仲間たちとの再会を映し出す。彼らの再会は何をもたらすのか。その後のストーリーもお見逃しなく!

My番組登録者数
  • 261
Theory of Love[特別編]:スタンド・バイ・ミー

タイBLドラマ史上最も切ないと話題になったラブストーリー「Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ」のその後を描く特別編を日本初放送。

さまざまな恋愛を経験した“ギャングスターズ”の4人は、ついに大学卒業の日を迎える。将来、自分たちで制作会社を設立すると誓った彼らは、各自が実力をつけるため、別々の就職先へと歩み始めることに。トゥー(ナワット・プンポーティンガム)は先輩のスタジオでカメラマンとして、ボーン(シナラット・シリポンシャワリット)はフリーランスで編集の仕事をスタート。そして、サード(アタパン・プーンサワット)とカイ(ジュンポン・アドゥンキッティポーン)は同じプロダクションに勤めることになった。
サードとカイの2人は忙しく仕事に取り組み、実力を認められるなど順調そのもの。しかし、久しぶりに4人が集まることになったある日、事件が起きてしまう。

出演

役名 役者名
サード アタパン・プーンサワット(ガン)
カイ ジュンポン・アドゥンキッティポーン(オフ)
トゥー ナワット・プンポーティンガム(ホワイト)
ボーン シナラット・シリポンシャワリット(マイク)

スタッフ

  • 監督
    ナッタポン・モンコルサワット

関連特集

「Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ」全12話&特別編一挙放送

タイドラマ

関連特集

「Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ」全12話&特別編一挙放送

タイドラマ

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの