映画
異端の鳥

異端の鳥

10/21(木)深夜0:35

第2次世界大戦中、各地をさすらい、行く先々で迫害を受ける少年の過酷な運命を冷徹な視線で見つめ、第76回ヴェネチア国際映画祭でユニセフ賞を受賞した衝撃の問題作。

今は亡きユダヤ系の亡命作家J・コシンスキが1965年に発表して物議を醸し、祖国ポーランドでは発禁処分となった小説「ペインティッド・バード」を、チェコ出身のV・マルホウル監督が構想の実現に11年の歳月をかけて執念で映画化。第2次世界大戦中、身寄りを失って各地をさすらい、行く先々でいじめや虐待の標的にされることとなった少年の姿を、冷ややかなモノクロ映像でじっくりと凝視。演技未経験の新人P・コトラールが主役に抜擢されたほか、U・キアー、H・カイテルら、脇を固める豪華俳優陣も見もの。

My番組登録者数
  • 303
異端の鳥

第2次世界大戦中、各地をさすらい、行く先々で迫害を受ける少年の過酷な運命を冷徹な視線で見つめ、第76回ヴェネチア国際映画祭でユニセフ賞を受賞した衝撃の問題作。

第2次世界大戦中、東欧のどこか。ナチスによるホロコーストから逃れるため、両親のもとを離れて、田舎に住む叔母の家に疎開した少年。ところがある日、その叔母が病気で急死し、その姿を見て驚いた少年が手に持っていたランプを落としたことから、家も焼失。すっかり身寄りを失った少年は、たったひとりであてどもない旅に出る。しかし、行く先々で彼は周囲の人々からよそ者と見なされて、散々むごい仕打ちを受けるはめとなる。

作品データ

  • 原題/The Painted Bird
  • 制作年/2019
  • 制作国/チェコ/ウクライナ/スロヴァキア
  • 内容時間(字幕版)/170分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
少年 ペトル・コトラール
ミレル ウド・キアー
ハンス ステラン・スカルスゲールド
司祭 ハーヴェイ・カイテル
ガルボス ジュリアン・サンズ
ミートカ バリー・ペッパー

スタッフ

  • 監督
    ヴァーツラフ・マルホウル
  • 製作
    ヴァーツラフ・マルホウル
  • 脚本
    ヴァーツラフ・マルホウル
  • 撮影
    ウラジミール・スムットニー

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの