映画
ザ・ライフルマン

ザ・ライフルマン

12/6(月)午前9:45

12/10(金)午後1:00

第1次世界大戦開戦前後のラトビアで、母を殺したドイツ軍への復讐を誓って兵士となった少年の運命を描く。本国ラトビアで歴代興行収入第1位を記録した戦争アクション。

バルト海東岸の国ラトビア。本作は、ロシアとドイツ、二つの強大国の間に位置し、両国の思惑や争いに翻弄されてきたラトビア史を背景に、第1次世界大戦開戦前後を主な舞台として描いた戦争アクションだ。ドイツ軍に母を殺され、復讐を胸に軍隊に志願した主人公の少年の目を通じて、凄惨な戦場の真実や二つの大国に挟まれた小国ラトビアの苦悩、一方で強い独立精神を持ったラトビア人たちの誇りが描かれる。実際にこの戦いに参加し、後にソ連支配下のラトビアで処刑されたA・グリンスの回想録を原作としている。

My番組登録者数
  • 226
ザ・ライフルマン

第1次世界大戦開戦前後のラトビアで、母を殺したドイツ軍への復讐を誓って兵士となった少年の運命を描く。本国ラトビアで歴代興行収入第1位を記録した戦争アクション。

1913年ラトビア。16歳の少年アルトゥルスは、同国に侵攻してきたドイツ軍によって母を殺された。母を守れなかった後悔と敵への復讐心を胸に秘め、彼は父や兄とともに軍に入隊する。やがて第1次世界大戦が勃発、ライフル部隊に配属されたアルトゥルスは戦場へと向かう。だが圧倒的な兵力で襲い掛かるドイツ軍を前に、ラトビアとラトビア兵を自国の盾にしようとするロシアの思惑から、戦線は地上の地獄と化していく。

作品データ

  • 原題/Dveselu putenis
  • 制作年/2019
  • 制作国/ラトビア
  • 内容時間(字幕版)/109分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
アルトゥルス・ワナクス オットー・ブランテヴィッツ
エドガルス・ワナクス ライモンツ・ツェルムス
ワナクス(アルトゥルスの父) マルティンス・ヴィルソンス
マルタ グレタ・トルシナ
ミケルソンス ジェーカブ・レイニス
コンラッズ ガティス・ガガ

スタッフ

  • 監督
    ジンタルス・ドライベルグス
  • 製作
    ジンタルス・ドライベルグス
  • 脚本
    ボリス・フールミン
  • 撮影
    ヴァルディス・セルミンス
  • 音楽
    ロリータ・リトマニス

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの