映画
太陽の蓋

太陽の蓋

6/25(金)午前9:00

2011年3月の東日本大震災とそれに続いた福島第一原子力発電所の事故を受け、事態の収拾に追われた官邸、被災者たちの5日間を多角的に描いた、社会派ドラマの意欲作。

東日本大震災の中、福島第一原発で起きた大事故を、東京の官邸・マスコミ、東京や福島で暮らす市井の人々という多角的な視点を通じて描写。北村有起哉が演じる新聞記者・鍋島が中心人物だが、知られざる事実の数々を明かそうとしたのが意欲的な、社会派ドラマの力作だ。ある視点からはヒロイックに扱われがちな“フクイチ”の人々までも客観的に見つめ、近年の日本映画においても屈指というジャーナリスティックな1本に仕上がった。監督は仙台市出身で、「インディアン・サマー」で長編映画監督デビューした佐藤太。

My番組登録者数
  • 22
太陽の蓋

2011年3月の東日本大震災とそれに続いた福島第一原子力発電所の事故を受け、事態の収拾に追われた官邸、被災者たちの5日間を多角的に描いた、社会派ドラマの意欲作。

2011年3月11日、午後2時46分に起きた大地震は東日本大震災と呼ばれる状況をもたらし、福島第一原子力発電所、通称“フクイチ”では、津波に襲われた影響で核燃料のメルトダウンが始まる。菅直人総理、枝野幸男内閣官房長官ら官邸は震災への対応に追われる中、“フクイチ”の現状に関する情報が東日電力から来ないことにいら立つ。震災以降、新聞記者の鍋島は関係者たちに取材し、“フクイチ”で何が起きていたかに迫る。

作品データ

  • 制作年/2016
  • 制作国/日本
  • 内容時間/131分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
鍋島 北村有起哉
坂下 袴田吉彦
麻奈美(鍋島の妻) 中村ゆり
修一 郭智博
山中 大西信満
福山哲郎 神尾佑
枝野幸男 菅原大吉
菅直人 三田村邦彦

スタッフ

  • 監督
    佐藤太
  • 脚本
    長谷川隆
  • 撮影
    小宮由紀夫
  • 音楽
    ミッキー吉野

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの