ステージ
メトロポリタン・オペラ

メトロポリタン・オペラ
現在、放送予定はありません。

世界最高峰メトロポリタン歌劇場からのオペラ中継。最先端の演出と超一流の歌手による超絶技巧のコラボレーション。幕間には歌い終わったばかりの歌手のインタビューも。

ニューヨークにある世界最大級のオペラハウス「メトロポリタン歌劇場」。1883年に創設されて以来、最高水準のオペラを上演し続けるこの舞台は、世界トップ歌手たちの夢 続きを読む

現在、放送予定はありません。

  • プッチーニ《トゥーランドット》

  • ガーシュウィン《ポーギーとベス》 新演出

  • ヘンデル《アグリッピーナ》MET初演/新演出

  • ワーグナー《さまよえるオランダ人》新演出

  • ベルク《ヴォツェック》 新演出

  • フィリップ・グラス《アクナーテン》 MET初演/新演出

  • メトロポリタン・オペラ マスネ《マノン》

    美しい少女の無意識の娼婦性を描くグランド・オペラの傑作。無邪気さと官能で男を操るマノン役に美貌のソプラノ、L・オロペーサが挑み、その完璧な歌唱に観客が熱狂!

    「1週間しか貞節でいられなかった」という、魔性の女をヒロインにした最初の文学作品「マノン・レスコー」を原作にマスネが艶やかに作り上げた人気オペラ。多くの愛人を持ち、性的にかなり奔放なフランス国王・ルイ15世が治めるロココ様式が流行した時代に書かれた原作を、本作では19世紀後半のベル・エポックの時代に移し退廃的に描く。美しいマノンが黒いフロックコートの男たちの欲望にもまれて堕落していく様子を華麗な衣装とともに魅せたL・ペリーのスタイリッシュな演出は必見。グランド・オペラに欠かせないバレエ、さらに高級娼婦、賭博場など、当時のフランスの風俗が描かれているのも興味深い。
    マノンを演じるオロペーサは、コケティッシュな美貌が際立つ今まさに旬のスター。ほぼ出ずっぱりの難役だが完璧に歌い、世界で何人もいない歌唱力を目の当たりにした観客は熱狂、スタンディング・オベーションの嵐が劇場に湧き起こった。

    収録日・収録場所

    • 2019年10月26日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク メトロポリタン歌劇場

    出演

    役名 役者名
    マノン リセット・オロぺーサ
    騎士デ・グリュー マイケル・ファビアーノ
    レスコー アルトゥール・ルチンスキー
    ブレティニ ブレット・ポレガート
    伯爵デ・グリュー クワンチュル・ユン

    スタッフ

    • 指揮
      マウリツィオ・ベニーニ
    • 演出
      ロラン・ペリー
  • プッチーニ《蝶々夫人》

シーズンラインナップ

メトロポリタンオペラの豪華絢爛な舞台を年間を通してお届け。名作ぞろいの新シーズンラインナップ

プッチーニ《トゥーランドット》
トゥーランドット
ガーシュウィン《ポーギーとベス》
ポーギーとベス
ヘンデル《アグリッピーナ》
アグリッピーナ
ワーグナー《さまよえるオランダ人》
さまよえるオランダ人
ベルク《ヴォツェック》
ヴォツェック
フィリップ・グラス《アクナーテン》
アクナーテン
マスネ《マノン》
マノン
プッチーニ《蝶々夫人》
蝶々夫人
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの