ステージ
メトロポリタン・オペラ

メトロポリタン・オペラ

ベルク《ヴォツェック》 新演出

8/14(土)午後0:00

ワーグナー《さまよえるオランダ人》新演出

8/14(土)午後2:15

  • メトロポリタン・オペラ

    メトロポリタン・オペラ ベルク《ヴォツェック》 新演出

    8/14(土)午後0:00 8/14(土)午後0:00
    メトロポリタン・オペラ

    混沌とした社会に生きる人々を慈悲のまなざしで描いた20世紀オペラの最高傑作。ドローイングを駆使したビジュアルアート界の巨匠の刺激的な新演出が、無上の感動を生む。

    戦地では上官に虐げられ、戻ってからは人体実験の被験者となることで日銭を稼ぐヴォツェック。社会の底辺に生きる者たちの悲劇を慈悲のまなざしで描いた、20世紀オペラの最高傑作の一つ。
    描かれているのは現代と通じる混沌とした世界。ドローイングアニメを多用した演出で登場人物はその混沌からうっすらと現われ、溶け込んでいく。ヴォツェックが内縁の妻マリーへの殺意が高まる場面の音楽は強烈で「真の恐怖は後から襲ってくる」といわれている。
    ドローイングを駆使して人間心理の闇に迫るビジュアルアート界の巨匠W・ケントリッジの演出は、装置と映像の区別がつかぬほど混然とし、刻々と変化するつくりのうまさは格別。荒廃した世相や人物たちの精神をみごとに象徴し、貧しい者たちを残酷なまでにのみ込む。主演のP・マッテイの演技のうまさ、20世紀オペラの名手Y・ネゼ=セガンの知的で熱い指揮による音楽がもたらす、衝撃の体験をしてほしい。

    収録日・収録場所

    • 2020年1月11日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク メトロポリタン歌劇場

    出演

    役名 役者名
    ヴォツェック ペーター・マッテイ
    マリー エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー
    鼓手長 クリストファー・ヴェントリス
    大尉 ゲルハルド・ジーゲル
    医者 クリスチャン・ヴァン・ホーン

    スタッフ

    • 指揮
      ヤニック・ネゼ=セガン
    • 演出
      ウィリアム・ケントリッジ

    関連特集

  • メトロポリタン・オペラ

    ワーグナー《さまよえるオランダ人》新演出

    8/14(土)午後2:15 8/14(土)午後2:15

シーズンラインナップ

メトロポリタンオペラの豪華絢爛な舞台を年間を通してお届け。名作ぞろいの新シーズンラインナップ

プッチーニ《トゥーランドット》
トゥーランドット
ガーシュウィン《ポーギーとベス》
ポーギーとベス
ヘンデル《アグリッピーナ》
アグリッピーナ
ワーグナー《さまよえるオランダ人》
さまよえるオランダ人
ベルク《ヴォツェック》
ヴォツェック
フィリップ・グラス《アクナーテン》
アクナーテン
マスネ《マノン》
マノン
プッチーニ《蝶々夫人》
蝶々夫人
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの