ステージ
メトロポリタン・オペラ

メトロポリタン・オペラ

ヘンデル《アグリッピーナ》MET初演/新演出

12/5(日)午前10:15

フィリップ・グラス《アクナーテン》 MET初演/新演出

1/7(金)午前8:30

  • メトロポリタン・オペラ

    ヘンデル《アグリッピーナ》MET初演/新演出

    12/5(日)午前10:15 12/5(日)午前10:15
  • メトロポリタン・オペラ

    フィリップ・グラス《アクナーテン》 MET初演/新演出

    1/7(金)午前8:30 1/7(金)午前8:30
  • メトロポリタン・オペラ

    ベルク《ヴォツェック》 新演出

    1/22(土)午前6:45 1/22(土)午前6:45
  • メトロポリタン・オペラ

    プッチーニ《トゥーランドット》

  • メトロポリタン・オペラ

    メトロポリタン・オペラ ガーシュウィン《ポーギーとベス》 新演出

    メトロポリタン・オペラ

    分断の時代、現在そろえうる最高のアフリカ系歌手で送る傑作。METでは30年ぶり新演出で上演。激しいダンスと「サマータイム」など心に染みるメロディが感動を呼ぶ。

    「ラプソディ・イン・ブルー」「パリのアメリカ人」のガーシュウィン唯一のオペラがMETで30年ぶり、新演出でよみがえる。
    アメリカの分断が叫ばれる中、現在そろえうる最高のアフリカ系歌手で送る本作はまさに今こそ見るべきオペラ。「サマータイム」をはじめ心に染みるメロディーの数々に、激しいダンスなど黒人文化のルーツを見るよう。ミス・ハリウッドの冠に輝く美貌のソプラノ、A・ブルーとスターバス・バリトン、E・オーウェンズの圧倒的存在感がアメリカ南部の港町を舞台にした命懸けの恋をドラマティックに魅せる。オペラは単に贅沢な夢を見せるだけではない、現代社会の差別や貧困という現実を直視し、そこで助け合う人々の情愛や苦悩や勇気に目を向けることによって、必要なのは分断ではなく共感であると物語る、胸打つオペラの傑作だ。
    司会は「ポーギーとベス」をはじめ6度トニー賞受賞のアメリカを代表する女優オードラ・マクドナルド。

    収録日・収録場所

    • 2020年2月1日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク メトロポリタン歌劇場

    出演

    役名 役者名
    ポーギー エリック・オーウェンズ
    ベス エンジェル・ブルー
    クララ ゴルダ・シュルツ
    セリナ ラトニア・ムーア
    マライア デニース・グレイヴス
    スポーティング・ライフ フレデリック・バレンタイン

    スタッフ

    • 指揮
      デイヴィッド・ロバートソン
    • 演出
      ジェイムズ・ロビンソン
  • メトロポリタン・オペラ

    ワーグナー《さまよえるオランダ人》新演出

  • メトロポリタン・オペラ

    マスネ《マノン》

  • メトロポリタン・オペラ

    プッチーニ《蝶々夫人》

シーズンラインナップ

メトロポリタンオペラの豪華絢爛な舞台を年間を通してお届け。名作ぞろいの新シーズンラインナップ

プッチーニ《トゥーランドット》
トゥーランドット
ガーシュウィン《ポーギーとベス》
ポーギーとベス
ヘンデル《アグリッピーナ》
アグリッピーナ
ワーグナー《さまよえるオランダ人》
さまよえるオランダ人
ベルク《ヴォツェック》
ヴォツェック
フィリップ・グラス《アクナーテン》
アクナーテン
マスネ《マノン》
マノン
プッチーニ《蝶々夫人》
蝶々夫人
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの