映画
惡の華

惡の華

11/10(水)午前9:45

押見修造の傑作漫画を、玉城ティナをヒロイン役に迎えて実写映画化。憧れの女子の体操着を盗んだ男子と、それを見ていた問題児の女子生徒。2人の奇妙な関係を描く。

「覚悟はいいかそこの女子。」などの井口昇監督が、アニメ化もされた押見修造の同名漫画に惚れ込んで実写映画化。思春期の過剰な自意識から生まれるどろどろした感情を痛切に描き出した。アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「荒ぶる季節の乙女どもよ。」などの岡田麿里が脚本を担当、「荒ぶる~」ドラマ版で主演のひとりを務めた玉城ティナが、主人公の少年と共犯関係を築いていく少女役を熱演し、新境地を見せた。少年が憧れる女生徒たちを演じた秋田汐梨、飯豊まりえの好対照な演技も見どころだ。

My番組登録者数
  • 306
惡の華

押見修造の傑作漫画を、玉城ティナをヒロイン役に迎えて実写映画化。憧れの女子の体操着を盗んだ男子と、それを見ていた問題児の女子生徒。2人の奇妙な関係を描く。

閉塞感に満ちた地方都市で暮らす中学生・春日高男。ボードレールの詩集「惡の華」を心のよりどころとしていた彼は、ある日、床に落ちていた憧れの女子・佐伯の体操着を発見し、衝動的に持ち帰ってしまう。だがその一部始終をクラスの問題児・仲村が目撃。彼女はこの件を秘密にする代わりに、春日に“契約”を持ち掛ける。仲村との主従関係が始まり、仲村からの度重なる変態的な要求に、春日のアイデンティティーは崩壊していく。

作品データ

  • 制作年/2019
  • 制作国/日本
  • 内容時間/128分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
春日高男 伊藤健太郎
仲村佐和 玉城ティナ
佐伯奈々子 秋田汐梨
常磐文 飯豊まりえ
奈々子の母 松本若菜
佐和の父 高橋和也
高男の母 坂井真紀
高男の父 鶴見辰吾

スタッフ

  • 監督
    井口昇
  • 脚本
    岡田麿里
  • 撮影
    早坂伸
  • 音楽
    福田裕彦

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの