映画
家族を想うとき

家族を想うとき
現在、放送予定はありません。

家族のために働いているはずが、逆に家族を引き裂くことになるのは一体なぜ? 今日の不条理な社会の中でもがき苦しむ一家族の姿を名匠K・ローチ監督が痛切に描いた傑作。

「ケス」「麦の穂をゆらす風」ほか、数々の傑作で知られる社会派映画の名匠、ローチ監督。第69回カンヌ国際映画祭のパルムドールに輝いた前作「わたしは、ダニエル・ブレイク」を発表後、映画界からの引退を宣言した同監督だが、今なお世界中で広がる貧富の格差や社会の矛盾を目の当たりにしてその考えを改め、本作の映画作りに着手。新自由主義経済がもたらす非情な現実を鋭く浮き彫りにし、彼の新たな傑作として世界中で絶賛を博した。主役の家族を演じるのは、みなオーディションで選ばれた無名の人ばかり。

My番組登録者数
  • 0
家族を想うとき

家族のために働いているはずが、逆に家族を引き裂くことになるのは一体なぜ? 今日の不条理な社会の中でもがき苦しむ一家族の姿を名匠K・ローチ監督が痛切に描いた傑作。

イギリスのニューカッスルで暮らすターナー一家の4人。マイホーム購入の夢を叶えようと、父親のリッキーは、個人事業主として独立し、フランチャイズの宅配ドライバーの仕事を始めることに。一方、妻のアビーはパートタイムの介護福祉士として働いていたが、何かと時間外労働を強いられて、ともに家を空ける時間が長くなり、思春期を迎えた子ども2人との接触の機会も減って、夫婦や親子の間は次第にバラバラになっていく。

作品データ

  • 原題/Sorry We Missed You
  • 制作年/2019
  • 制作国/イギリス/フランス/ベルギー
  • 内容時間(字幕版)/102分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
リッキー クリス・ヒッチェン
アビー デビー・ハニーウッド
セブ リス・ストーン
ライザ・ジェーン ケイティ・プロクター
マロニー ロス・ブリュースター

スタッフ

  • 監督
    ケン・ローチ
  • 製作
    レベッカ・オブライエン
  • 脚本
    ポール・ラヴァーティ
  • 撮影
    ロビー・ライアン
  • 音楽
    ジョージ・フェントン

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの