音楽
ボブ・マーリー ライブ・アット・ザ・レインボー 1977

ボブ・マーリー ライブ・アット・ザ・レインボー 1977

8/30(日)よる7:30

歌い、踊り、ほえるボブ・マーリーの姿と、鉄壁のグルーヴを生み出すザ・ウェイラーズとの、名盤『エクソダス』発表直後の「世紀の名演」と名高いライブ。

My番組登録者数
  • 449
ボブ・マーリー ライブ・アット・ザ・レインボー 1977

歌い、踊り、ほえるボブ・マーリーの姿と、鉄壁のグルーヴを生み出すザ・ウェイラーズとの、名盤『エクソダス』発表直後の「世紀の名演」と名高いライブ。

ボブ・マーリーの世界デビュー作となった1973年のアルバム『キャッチ・ア・ファイアー』は、コアな音楽ファンやミュージシャンには支持されたが、商業的な成功は得られなかった。彼の熱い歌が世界を席巻したのは、1975年発表の傑作ライブアルバム『ライヴ!』の大ヒットがきっかけだった。それに優るとも劣らない名演として知られるのが1977年7月にロンドンのレインボー・シアターで行なわれたライブだ。
アルバム『エクソダス』のリリースに伴うツアーのハイライトとなったこのライブは、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの絶頂期を捉えた傑作。特に、名バラード「ノー・ウーマン、ノー・クライ」から始まる終盤の展開は激アツの一言だ。目を閉じ祈るように歌い、ドレッド・ヘアーを振り乱してシャウトするボブの神々しいまでの姿、ウェイラーズ&アイ・スリーズの熱演、ライブが終わっても鳴り止まぬ観客の歓声、すべてがすばらしい!

収録日・収録場所

  • 1977年7月4日/イギリス・ロンドン レインボー・シアター

楽曲情報

  • Trenchtown Rock
  • Them Belly Full (But We Hungry)
  • I Shot The Sheriff
  • Rebel Music (3 O'Clock Roadblock)
  • Lively Up Yourself
  • Crazy Baldhead
  • War
  • No More Trouble
  • The Heathen
  • No Woman No Cry
  • Jamming
  • Get Up, Stend Up
  • Exodus

関連特集

生誕75周年:レゲエの神様 ボブ・マーリー

関連特集

生誕75周年:レゲエの神様 ボブ・マーリー

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの