映画
アヴリルと奇妙な世界

アヴリルと奇妙な世界

2/7(日)深夜3:55

2/25(木)午前6:45

産業革命が起きず、蒸気機関を使い続けている世界を舞台に、姿を消した両親や祖父を捜す少女の冒険を描く。アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門グランプリ受賞作。

フランスのコミックアーティスト、J・タルディが原作とビジュアル総監修を務めた空想科学冒険アニメーション。燃料となる森林をめぐって各国が争っているなど、緻密に設定されたスチームパンク的世界観に加え、二重のエッフェル塔やパリとベルリンを結ぶロープウエーなど、蒸気機関を動力にして近代化されたパリの独創性あふれるビジュアルに圧倒される。主人公アヴリル役の声優を、原語版では「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」のM・コティヤール、日本語吹替版では元HKT48の人気声優・山田麻莉奈が務めた。

My番組登録者数
  • 215
アヴリルと奇妙な世界

産業革命が起きず、蒸気機関を使い続けている世界を舞台に、姿を消した両親や祖父を捜す少女の冒険を描く。アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門グランプリ受賞作。

産業革命が起こらず、蒸気機関を動力とする20世紀半ばのフランス帝国パリ。言葉をしゃべる猫ダーウィンだけを友達にして育った孤独な少女アヴリルは、消息を絶った科学者の祖父や両親の研究を引き継ぎ、秘密の隠れ家で“不死身の血清”の実験を続けていた。そんなある日、彼女は部屋に忍び込んだスパイネズミを通して父の声を聞く。両親たちが生存している可能性を知った彼女は、追っ手から逃れながら捜索の旅へと出発する。

作品データ

  • 原題/Avril et le monde truqu?
  • 制作年/2015
  • 制作国/フランス/ベルギー/カナダ
  • 内容時間(字幕版)/106分
  • ジャンル/海外アニメ・アニメーション

出演

役名
アヴリル マリオン・コティヤール
ジュリウス マルク=アンドレ・グロンダン
ポップス ジャン・ロシュフォール
ダーウィン フィリップ・カトリーヌ
ポール オリヴィエ・グルメ
アネット マーシャ・グレノン
ピゾーニ ブーリ・ランネール

スタッフ

  • 監督
    クリスティアン・デスマール
  • 監督
    フランク・エキンジ
  • 製作
    フランク・エキンジ
  • 製作
    マチュー・リエーゲほか
  • 原作
    ジャック・タルディ
  • 脚本
    フランク・エキンジ
  • 脚本
    バンジャマン・ルグラン
  • 音楽
    ヴァレンティン・ハジャド
  • ビジュアル総監修
    ジャック・タルディ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの