ドラマ
連続ドラマW いりびと-異邦人- (全5話)

連続ドラマW いりびと-異邦人-

「第二話」

12/12(日)午前11:00

「第二話」

12/12(日)午後0:00

それは観た者の心を狂わす、無名画家の1枚の絵から始まった……。美に魅入られ、命をささげる者――。美に犯され、美を憎む者――。

大人気作家・原田マハの美術小説「異邦人(いりびと)」をWOWOWが完全映像化。『キネマの神様』『総理の夫』と今年立て続けに公開される映画の原作をはじめ、WOWO 続きを読む

My番組登録者数
  • 8
  • 1563
5
  • 連続ドラマW いりびと-異邦人-

    「第二話」

    12/12(日)午前11:00 12/12(日)午前11:00
    12/12(日)午後0:00 12/12(日)午後0:00
  • 連続ドラマW いりびと-異邦人-

    「第三話」

    12/12(日)よる10:00 12/12(日)よる10:00
    12/12(日)よる10:00 12/12(日)よる10:00
  • 連続ドラマW いりびと-異邦人-

    連続ドラマW いりびと-異邦人- 「第一話」

    12/15(水)午後3:00 12/15(水)午後3:00
    12/15(水)午後3:00 12/15(水)午後3:00
    連続ドラマW いりびと-異邦人-

    高畑充希主演。運命的に迷い込んだ異邦の地=京都でためされる、真なる美との対峙。愛憎渦巻く日本画壇をめぐる、原作・原田マハのアートミステリーを完全ドラマ化!

    有数のコレクションを誇る美術館の副館長の菜穂(高畑充希)は、老舗画廊3代目の夫・一輝(風間俊介)との子を身ごもり、東京の喧騒を避け京都に長逗留していた。母・克子(森口瑤子)の計らいだったが、慣れない地での暮らしは、菜穂を異邦人のような心地にさせる。そんなある日に立ち寄った美濃山(松尾貴史)の画廊で、一枚の無名画家の絵に心を打たれる菜穂。それは、知られざる京都画壇の闇に彼女をいざなう出会いとなる。

    出演

    • 高畑充希
    • 風間俊介
    • SUMIRE
    • 森口瑤子
    • 松尾貴史
    • マキタスポーツ
    • 菅原大吉
    • 木場勝己
    • 壮一帆
    • 白羽ゆり
    • 宮田圭子
    • 二階堂智
    • 康すおん
    • 梶芽衣子
    • 松重豊

    スタッフ

    • 原作
      原田マハ「異邦人(いりびと)」(PHP文芸文庫刊)
    • 脚本
      関久代
    • 音楽
      audioforce
    • 監督
      萩原健太郎
    • 企画プロデュース
      武田吉孝
    • 企画プロデュース
      植田春菜
    • プロデューサー
      木幡久美
    • プロデューサー
      中山ケイ子
    • プロデューサー
      森井敦
    • 制作プロダクション
      FCC
    • 制作プロダクション
      スールキートス
    • 制作協力
      東映京都撮影所

    関連特集

    全5話一挙放送!

    まだ間に合う!1~4話一挙放送

    まだ間に合う!1~4話一挙放送

    まだ間に合う!1~3話一挙放送

    WOWOW4Kをみてみよう!ー無料体験タイムー

  • 「第四話」

    12/19(日)よる10:00 12/19(日)よる10:00
    12/19(日)よる10:00 12/19(日)よる10:00
  • 「最終話」

    12/26(日)よる10:00 12/26(日)よる10:00
    12/26(日)よる10:00 12/26(日)よる10:00
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの