ドラマ
九州縹緲録(ひょうびょうろく) (全56話)

九州縹緲録(ひょうびょうろく)

#15 蒼雲古歯剣の行方

11/28(土)午前11:00

#16 剣の覚醒

11/28(土)午後0:00

群雄が割拠する戦国の地“九州”を舞台に、運命に翻弄される若者たちの絆と葛藤を壮大なスケールで描くファンタジー超大作。戦乱の世を治め、英雄となるのは誰か。

中国を代表する7人の作家の共同創作によって作り上げられた架空の歴史世界“九州”シリーズ作品。本作で脚本も担っている作家、ジャン・ナンによる販売部数400万冊を超 続きを読む

My番組登録者数
  • 512
56
  • 九州縹緲録(ひょうびょうろく)

    #15 蒼雲古歯剣の行方

    11/28(土)午前11:00 11/28(土)午前11:00
  • #16 剣の覚醒

    11/28(土)午後0:00 11/28(土)午後0:00
  • #17 選ばれし者

    12/5(土)午前11:00 12/5(土)午前11:00
  • #18 裏切りの応酬

    12/5(土)午後0:00 12/5(土)午後0:00
  • #19 友を救うために

    12/12(土)午前11:00 12/12(土)午前11:00
  • #20 婚礼の儀

    12/12(土)午後0:00 12/12(土)午後0:00
  • #21 天啓への道

    12/19(土)午前11:00 12/19(土)午前11:00
  • #22 辰月の誘惑

    12/19(土)午後0:00 12/19(土)午後0:00
  • #23 心優しき皇帝

    12/26(土)午前11:00 12/26(土)午前11:00
  • #24 天駆の悲願

    12/26(土)午後0:00 12/26(土)午後0:00
  • 九州縹緲録(ひょうびょうろく)

    九州縹緲録(ひょうびょうろく) #1 草原の後継者

    九州縹緲録(ひょうびょうろく)

    九州世界の草原、真顔部に青陽部が攻め込み、首領の龍格真煌が倒される。龍格真煌の息子である阿蘇勒は、青陽部に連行され…。

    九州世界の草原、真顔部に青陽部が攻め込み、首領の龍格真煌が倒される。龍格真煌の息子である阿蘇勒は、青陽部に連行される。道中、阿蘇勒は自分が本当は青陽部の王子であり、災いの星のもとに生まれたため真顔部の養子に出されたという事実を知る。青陽大君である実父の呂嵩と対面した阿蘇勒は、養父の仇討ちとして剣を手に呂嵩に襲い掛かる。

    出演

    • リウ・ハオラン
    • ラレイナ・ソン
    • チェン・ルオシュアン
    • チャン・チージエン
    • リー・グアンジエ
    • ワン・オウ
    • ジャン・タオ

    スタッフ

    • 監督
      チャン・シャオポー
    • 脚本
      ジャン・ナン

    関連特集

  • 九州縹緲録(ひょうびょうろく)

    #2 白狼との対決

  • 九州縹緲録(ひょうびょうろく)

    #3 友との出会い

  • 九州縹緲録(ひょうびょうろく)

    #4 極烈の槍

  • 九州縹緲録(ひょうびょうろく)

    #5 忍び寄る危機

  • 九州縹緲録(ひょうびょうろく)

    #6 かたき討ち

  • 九州縹緲録(ひょうびょうろく)

    #7 演武大会の覇者

  • 九州縹緲録(ひょうびょうろく)

    #8 勝利の代償

  • 九州縹緲録(ひょうびょうろく)

    #9 離国の侵攻

  • 九州縹緲録(ひょうびょうろく)

    #10 進軍開始

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの