映画
ロボット2.0

ロボット2.0

8/17(月)午前5:45

※中止の場合あり

インドのSFアクション映画「ロボット」の続編。空前絶後の非常事態に、かつて暴走したロボット“チッティ”が立ち上がる。インドの国民的スター、ラジニカーントが主演。

「ムトゥ 踊るマハラジャ」のラジニカーントが主演し、インド映画としては破格の製作費を注いだ2010年のSFアクション大作「ロボット」の続編。ある町じゅうの携帯電話を集めて細胞のようにした、変幻自在の巨大モンスターが出現。前作で暴走した人間型ロボット“チッティ”はそれを食い止められるのか。VFXを駆使したスペクタクルが見ものの大作ながら、終幕はダンス場面なのはインド映画ならでは。2020年4月の時点でインド映画史上、同国内史上第2位、世界合計興収史上第6位の大ヒットを記録した。

My番組登録者数
  • 172
ロボット2.0

インドのSFアクション映画「ロボット」の続編。空前絶後の非常事態に、かつて暴走したロボット“チッティ”が立ち上がる。インドの国民的スター、ラジニカーントが主演。

バシーガラン博士が作ったロボット“チッティ”が暴走した大事故から8年後。インド南部のチェンナイで町じゅうの携帯電話が宙に浮かび、1カ所に集まる非常事態が発生。続いて携帯電話販売業者や通信大臣が、集まった携帯電話を生物の細胞のようにした変幻自在のモンスターに殺される。モンスターを生み出したのは非常事態の直前に自殺した鳥類学者だったが、モンスターを倒すべく、バシーガランは“チッティ”をよみがえらせる。

作品データ

  • 原題/2.0
  • 制作年/2018
  • 制作国/インド
  • 内容時間(字幕版)/148分
  • ジャンル/アクション/冒険・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
バシーガラン博士/チッティ(2役) ラジニカーント
パクシ・ラジャン アクシャイ・クマール
ニラー エイミー・ジャクソン
クマール内務大臣 アディル・フセイン

スタッフ

  • 監督
    シャンカール
  • 原案
    シャンカール
  • 脚本
    シャンカールほか
  • 撮影
    ニーラヴ・シャー
  • 音楽
    A・R・ラフマーン

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの