ステージ
妄想活劇 山里亮太の1024 ~人生の二択に悩むある男の物語・下北沢・本多劇場ひとり舞台~

妄想活劇 山里亮太の1024

11/3(火・祝)午後0:45

本当に僕の選択は合っていたのだろうか?人生の数々の二択に悩む、ある男の物語。傲慢色欲嫉妬人生一発逆転妄想活劇。山里亮太のひとり舞台を放送。

My番組登録者数
  • 272
妄想活劇 山里亮太の1024

本当に僕の選択は合っていたのだろうか?人生の数々の二択に悩む、ある男の物語。傲慢色欲嫉妬人生一発逆転妄想活劇。山里亮太のひとり舞台を放送。

山里亮太が、下北沢の本多劇場にて上演したモノローグコメディを放送。人生に次々に訪れる“分岐点”に立ち、その二択を前に妄想を爆発させる男の物語をお届けする。芸人としての浮き沈みを知り尽くし、今や唯一無二の存在となった山里にしかできない、しゃべりっ放しの“妄想活劇”。2020年2月に上演され、その新しい試みに拍手喝采が巻き起こった傑作舞台だ。
物語は、山里が演じる40歳の「里山亮太」という男が、これまでの人生を振り返るところから始まる。「過去の多くの分岐点で、僕が違う選択を1回でもしていたら、人生は別のものになっていたのだろうか?」と問い掛ける男。人生におけるさまざまな“分岐点”に立つたびに、あり得たかもしれないもうひとりの自分を妄想する男。好きな女の子とデートし、スクールカーストの1軍に溶け込み、エリートサラリーマンになっている人生を妄想の中で生き直す。やがて年齢を重ね、妄想と現実を行き来しながら、人は本当の自分に出会うことができるのか、そこに幸せはあるのか、山里亮太のひとり舞台は、観客それぞれの人生とシンクロする。

収録日・収録場所

  • 2020年2月8日/東京 本多劇場

出演

  • 出演・妄想
    山里亮太

スタッフ

  • 構成・演出
    家城啓之

関連特集

関連特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの