ステージ
宝塚への招待

宝塚への招待

「タカラヅカスペシャル2018~Say!Hey!Show Up!!~」

4/25(土)午後5:15

「Anna Karenina」(月組2019年)

5/30(土)午後4:30

My番組登録者数
  • 398
  • 宝塚への招待

    「タカラヅカスペシャル2018~Say!Hey!Show Up!!~」

    4/25(土)午後5:15 4/25(土)午後5:15
  • 宝塚への招待

    宝塚への招待 「Anna Karenina」(月組2019年)

    5/30(土)午後4:30 5/30(土)午後4:30
    宝塚への招待

    文豪トルストイが青年貴族将校と政府高官の妻アンナ・カレーニナとの究極の愛を描いた不朽の名作。美弥るりかが作品に新たな息吹を吹き込んだ愛の物語をお届け。

    文豪トルストイが究極の愛を描いた世界文学の金字塔「アンナ・カレーニナ」をミュージカル化した舞台をお届けする。2001年の朝海ひかる、紺野まひる、貴城けいによる初演が好評を博し、2008年には宝塚バウホール開場30周年を記念したワークショップとして再演されている名作。2008年の公演ではカレーニン役を演じていた美弥るりかが、今回はヴィロンスキー役に挑み、作品に新たな息吹を吹き込んでいる。

    <ストーリー>
    19世紀後半のロシア。輝かしい未来を約束された青年貴族将校ヴィロンスキー(美弥るりか)は、社交界の華とうたわれる女性アンナ・カレーニナ(海乃美月)に出会い、心奪われる。アンナは政府高官カレーニン(月城かなと)の貞淑な妻として何不自由無い暮らしをしていたが、彼女もまた魅力的で洗練されたヴィロンスキーに惹かれていく。彼の激しく真剣な求愛を受け、アンナは内に秘めていたもうひとりの自分が目覚めていくのを感じていた。
    2人の恋の噂は瞬く間に社交界に広がり、世間体を重んじる厳粛なカレーニンは妻の不貞をとがめる。ヴィロンスキーにとっても、この禁断の恋は決して許されず、貴族社会からの逸脱を意味するものだった。しかしヴィロンスキーとアンナにとって、もはやこの恋を失って生きていくことはできなかった。愛にすべてをささげ、ただ愛に生きようとした2人がその終着駅で見つけたものは…。

    収録日・収録場所

    • 2019年1月24日/兵庫 宝塚バウホール

    出演

    • 出演
      美弥るりか
    • 出演
      海乃美月
    • 出演
      月城かなと
    • 出演(専科)
      五峰亜季
    • 出演(専科)
      美穂圭子

    スタッフ

    • 原作
      レフ・トルストイ
    • 脚本・演出
      植田景子
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの