映画
ドッグマン

ドッグマン
現在、放送予定はありません。

第71回カンヌ国際映画祭の男優賞(=M・フォンテ)をはじめ、数々の栄えある映画賞を受賞。「ゴモラ」の鬼才監督M・ガローネが独自のタッチで描く不条理ドラマの秀作。

これまで「ゴモラ」と「リアリティー」でカンヌ国際映画祭のグランプリを2度受賞している、現代イタリア映画界きっての実力派監督ガローネ。本作では、犬をこよなく愛する中年男を主人公に、彼が町一番の厄介者たる暴力男と織り成す奇妙な主従関係を、夢幻的なタッチで活写。第71回カンヌ国際映画祭で、主役に抜擢されたM・フォンテが男優賞に輝いたほか、パルム・ドッグ賞も受賞。イタリアのアカデミー賞に当たる第64回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では、作品賞、監督賞など最多9部門を制覇した。

My番組登録者数
  • 0
ドッグマン

第71回カンヌ国際映画祭の男優賞(=M・フォンテ)をはじめ、数々の栄えある映画賞を受賞。「ゴモラ」の鬼才監督M・ガローネが独自のタッチで描く不条理ドラマの秀作。

イタリアのとある寂れた海辺の町。温厚な中年男のマルチェロは犬の世話をするのが何より大好きで、〈ドッグマン〉という名の犬のトリミングサロンを経営しながら、穏やかな日々を送っていた。ただ、何かと腕づくでけんか騒ぎを起こす町一番の厄介者シモーネが、たびたび彼の店に押しかけてくるのが、マルチェロの頭痛の種。ある時、シモーネのせいで強奪事件の片棒を担いだマルチェロは、刑務所で1年間の刑期を過ごすはめとなる。

作品データ

  • 原題/Dogman
  • 制作年/2017
  • 制作国/イタリア
  • 内容時間(字幕版)/103分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

受賞歴

  • 第71回(2018)カンヌ国際映画祭男優賞「マルチェロ・フォンテ」

出演

役名 役者名
マルチェロ マルチェロ・フォンテ
シモーネ エドアルド・ペッシェ
フランコ アダモ・ディオニージ
シモーネの母親 ヌンツィア・スキアーノ
アリダ アリダ・カラブリア

スタッフ

  • 監督
    マッテオ・ガローネ
  • 製作
    マッテオ・ガローネ
  • 製作
    ジャン・ラバディ
  • 製作
    ジェレミー・トーマスほか
  • 原案
    ウーゴ・キーティ
  • 原案
    マッシモ・ガウディオソ
  • 原案
    マッテオ・ガローネ
  • 脚本
    ウーゴ・キーティ
  • 脚本
    マッシモ・ガウディオソ
  • 脚本
    マッテオ・ガローネ
  • 撮影
    ニコライ・ブルーエル

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの