映画
COLD WAR あの歌、2つの心

COLD WAR あの歌、2つの心
現在、放送予定はありません。

第71回カンヌ国際映画祭監督賞、第31回ヨーロッパ映画賞では作品賞を筆頭に計5部門を受賞するなど、数多くの賞に輝いて絶賛を博した、P・パヴリコフスキ監督の秀作。

前作「イーダ」が第87回アカデミー外国語映画賞をはじめ、数々の映画賞に輝き、世界的な注目を浴びたポーランドの名匠、パヴリコフスキ監督。本作では、第2次世界大戦後のポーランドで運命的に出会った1組の男女が、冷戦下の時代の波に押し流され、幾度も別れと出会いを繰り返しながら、お互いになお激しく求め合うさまを、印象的な歌と踊りを随所にちりばめながら、硬質のモノクロ映像で鮮烈に描写。受賞は逃したが、今回も第91回アカデミー外国語映画賞や監督賞にノミネートされるなど、再び高い評価を得た。

My番組登録者数
  • 0
COLD WAR あの歌、2つの心

第71回カンヌ国際映画祭監督賞、第31回ヨーロッパ映画賞では作品賞を筆頭に計5部門を受賞するなど、数多くの賞に輝いて絶賛を博した、P・パヴリコフスキ監督の秀作。

1949年、冷戦下のポーランド。歌手になるのを夢見るズーラは、音楽舞踊団の養成所でピアニストのヴィクトルと出会い、互いに激しい恋に落ちる。西側の音楽を愛するヴィクトルはパリへの亡命を決意し、ズーラに一緒に行こうと誘うが、約束の時間に彼女は姿を見せず、結局ヴィクトルは単身パリへ。1954年、音楽舞踊団の公演でパリを訪れたズーラはヴィクトルと再会し、やがて2人はその地で同棲生活を始めるのだが…。

作品データ

  • 原題/Zimna wojna
  • 制作年/2018
  • 制作国/ポーランド/イギリス/フランス
  • 内容時間(字幕版)/89分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第71回(2018)カンヌ国際映画祭監督賞

出演

役名 役者名
ズーラ ヨアンナ・クーリク
ヴィクトル トマシュ・コット
イレーナ アガタ・クレシャ
カチマレク ボリス・シィツ
ジュリエット ジャンヌ・バリバール

スタッフ

  • 監督
    パヴェウ・パヴリコフスキ
  • 製作
    ターニャ・セガッチアン
  • 製作
    エヴァ・プシュチンスカ
  • 原案
    パヴェウ・パヴリコフスキ
  • 脚本
    パヴェウ・パヴリコフスキ
  • 脚本
    ヤヌシュ・グロワツキ
  • 共同脚本
    ピョートル・ボルコフスキ
  • 撮影
    ウカシュ・ジャル

関連特集

フィルムガレージ

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 性別関係なくオススメできる上質な恋愛映画です。

    • ★★★★★
    • クロエ4477
    • 2020/05/20 11:28

    ヒロインのヨアンナ・クーリクはどことなくレア・セドゥ、または若き日のジーナ・ローランスにも似ているような気がします。1982年生まれなので当時36歳です。凄く若 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

フィルムガレージ

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの