映画
ジョーカー

ジョーカー

11/30(月)よる11:00

「バットマン」シリーズの代表的ヴィラン(悪役)、ジョーカーを主人公とした、2019年の世界的ヒット作。第92回アカデミー賞で、主演男優賞と作曲賞の2部門を受賞。

アメコミのDCコミックスやそれらを原作とする各映像化作品で人気が高い正義のヒーロー、バットマンと対を成すかのように、悪の魅力を振りまいてきたジョーカー。本作は大胆不敵にもそんなジョーカーを主人公とし、“悪が善に勝つかもしれない時代”が現実に忍び寄っていることを警告。何より、23~24kgという減量までしたJ・フェニックスの鬼気迫る熱演が大きな見もの。世界合計興収は10億ドルを超え(日本での興収も50億円を突破)、R指定(日本ではR15+指定)映画として史上最高のヒットを記録。

My番組登録者数
  • 360
ジョーカー

「バットマン」シリーズの代表的ヴィラン(悪役)、ジョーカーを主人公とした、2019年の世界的ヒット作。第92回アカデミー賞で、主演男優賞と作曲賞の2部門を受賞。

1981年、犯罪が多発する大都会ゴッサムシティ。ピエロの仕事をしているアーサーは貧しく、老いた母親ペニーと暮らす上、突然笑いだしてしまうという心の病に悩むが、TV界の人気司会者フランクリンを憧れの対象にして日々耐え忍んでいた。ある日、失業したアーサーは地下鉄で、女性客に嫌がらせをしていた男性3人組を偶然持っていた拳銃で皆殺しにしてしまう。以後アーサーは、自身の心にあった怒りを解放させていくが……。

作品データ

  • 原題/Joker
  • 制作年/2019
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/122分
  • 内容時間(吹替版)/122分
  • ジャンル/ドラマ・サスペンス/ミステリー

受賞歴

  • 第76回(2019)ヴェネチア国際映画祭金獅子賞ほか

出演

役名 役者名
アーサー・フレック ホアキン・フェニックス 平田広明
マレー・フランクリン ロバート・デ・ニーロ 野島昭生
ソフィー・デュモンド ザジー・ビーツ 種市桃子
ペニー・フレック フランセス・コンロイ 滝沢ロコ
トーマス・ウェイン ブレット・カレン 菅生隆之
アルフレッド・ペニーワース ダグラス・ホッジ 田中美央

スタッフ

  • 監督
    トッド・フィリップス
  • 製作
    トッド・フィリップス
  • 製作
    ブラッドリー・クーパー
  • 製作
    エマ・ティリンジャー・コスコフ
  • 脚本
    トッド・フィリップス
  • 脚本
    スコット・シルヴァー
  • 撮影
    ローレンス・シャー
  • 音楽
    ヒルドゥル・グーナドッティル

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • すごかった

    • ★★★★☆
    • ゆにっこ
    • 2020/08/08 14:38

    主演のホアキン・フェニックスのほぼ一人芝居といった印象。
    とにかく目が離せなかった。
    悲しくて切なくてやりきれない、恐ろしい話でした。

  • 現実的な話

    • ★★★★☆
    • 大谷門堂
    • 2020/08/08 11:54

    これだけの条件がそろえばジョーカーという男が生まれるだろうという説得力のある現実的な話だった。

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの