ビバリーヒルズ再会白書

現在、放送予定はありません。

1990年代海外ドラマを代表する青春ドラマの金字塔「ビバリーヒルズ高校白書」が復活!約20年の時を経てオリジナルキャストが再集結し話題を呼んだSPシリーズが登場

1990年から10シーズンも続き、日本でも大ブームを巻き起こした青春ドラマ“ビバヒル”こと「ビバリーヒルズ高校白書」(シーズン4から「~青春白書」に改題)。その 続きを読む

My番組登録者数
  • 0

キャラクター&キャスト

ジェイソン・プリーストリー

ジェイソン・プリーストリー
(本人役/声:中原 茂)

ブランドン役で人気を集めたジェイソン。映画監督志望だが、テレビからしかオファーがない。短気な性格から出演者を殴ってしまい問題となる。広報を担当する妻がいる。

ジェニー・ガース

ジェニー・ガース
(本人役/声:松本 梨香)

今も女優を続けているが、ケリー役の印象が強く、本名ではなく「ケリー」と呼ばれることに嫌悪感を抱く。2回の離婚を経て、3回目の離婚も近い。女優志望の娘がいる。

トリ・スペリング

トリ・スペリング
(本人役/声:安達 忍)

ドナ役だったトリ。リアリティーショーが打ち切られ、働かない夫と6人の子供を抱えて途方にくれる。“ビバヒル”のリブート版を進めようと孤軍奮闘する。

アイアン・ジーリング

アイアン・ジーリング
(本人役/声:堀内 賢雄)

スティーブ役だったアイアンは、若い妻ステイシーが立ち上げたフィットネス事業を共同経営するが、“ビバヒル”の同窓会イベントを機に結婚の見直しを迫られる。

ガブリエル・カーテリス

ガブリエル・カーテリス
(本人役/声:土井 美加)

アンドレア役で、他の出演者より年上だったガブリエル。現在は俳優組合の会長で、孫が誕生したおばあちゃん。“ビバヒル”の同窓会イベントが自由に生きるきっかけに。

ブライアン・オースティン・グリーン

ブライアン・オースティン・グリーン
(本人役/声:佐々木 望)

デビッド役だったブライアンは、人気シンガーのシェイと結婚。妻に代わって家事や子育てに勤しむが、いつか仕事に戻りたいと思っている。

シャナン・ドハーティー

シャナン・ドハーティー
(本人役/声:小金澤 篤子)

ブレンダ役のお騒がせ娘、シャナン。現在は、動物保護活動に取り組み、世界を駆け回っている。“ビバヒル”同窓会にも参加せず、みんなを呆れさせるが…。

6

現在、放送予定はありません。

  • ビバリーヒルズ再会白書

    #3 ポスター撮影

  • ビバリーヒルズ再会白書

    #4 ホンの行方

  • ビバリーヒルズ再会白書

    #5 クランクイン

  • ビバリーヒルズ再会白書

    ビバリーヒルズ再会白書 #6 輝ける場所

    ビバリーヒルズ再会白書

    ついに番組のパイロット版が完成しホッとしたのもつかの間、放送されるかどうかは未定のまま。パイロット版の評判は上々だったが、放送枠をめぐるライバルも出現。

    ついに番組のパイロット版が完成しホッとしたのもつかの間、放送されるかどうかは未定のまま。パイロット版の評判は上々だったが、放送枠をめぐるライバルも出現。トリたちはピーチピットの期間限定ショップで販売やサイン会をし、点数稼ぎをする。しかし、視聴者テストの率直かつ残酷な意見を聞いてしまい、6人はへこみながらもんもんと結果を待つことに。そんな中で、メンバーたちの私生活にもそれぞれ転機が訪れ……。

    出演

    役名 役者名
    本人 ジェイソン・プリーストリー 中原茂
    本人 ジェニー・ガース 松本梨香
    本人 トリ・スペリング 安達忍
    本人 アイアン・ジーリング 堀内賢雄
    本人 ガブリエル・カーテリス 土井美加
    本人 ブライアン・オースティン・グリーン 佐々木望
    本人 シャナン・ドハーティ 小金澤篤子

    関連特集

    全6話一挙放送!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの