映画
サイキッカー 超人覚醒

サイキッカー 超人覚醒

4/8(水)午後3:00

オランダで作られたノンストップSFアクション。ウイルスによる謎の“病”が蔓延する近未来。治療薬を独占する巨大企業に抵抗する市民たちは、命懸けの死闘を繰り広げる。

ポール・ヴァーホーヴェン監督を生んだオランダで、本作は誕生。拡大を続ける世界の映像マーケットに挑むべく、ダークな世界観の近未来SFというジャンルに挑んだと推測される本作だが、製作費少なめのいわゆるB級映画。それでも銃器やパワードスーツといった未来的小道具のデザインに凝っており、大きな見ものになっている。邦題中の“サイキッカー(超能力者)”が何を指すかもお楽しみ。監督は「バトル・オブ・ガーディアン ~暗黒部隊 vs 謎の少女~」のT・ムーウェーゼ。WOWOWの放送が日本初公開。

My番組登録者数
  • 235
サイキッカー 超人覚醒

オランダで作られたノンストップSFアクション。ウイルスによる謎の“病”が蔓延する近未来。治療薬を独占する巨大企業に抵抗する市民たちは、命懸けの死闘を繰り広げる。

2022年。治療困難な“病”をもたらすウイルスにより大勢が命を落とすが、治療薬を開発した企業“カンパニー”は、高価な治療薬を売って莫大な利益を得る。それから8年後、“カンパニー”に抵抗するデヴィッドら市民集団は、圧倒的武力を誇る当局の軍隊に取り締まられていたが、“カンパニー”は“病”の根治薬を隠し持つという情報を得て、その施設に潜入。そこにはなぜか、デヴィッドと8年前に生き別れた少女モリーがいた。

作品データ

  • 原題/Kill Mode
  • 制作年/2019
  • 制作国/オランダ
  • 内容時間(字幕版)/98分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
デヴィッド デイヴ・マンテル
モリー ユリア・バテラーン
アレックス ヤスミン・ブレイク

スタッフ

  • 監督
    タイス・ムーウェーゼ
  • 製作
    タイス・ムーウェーゼほか
  • 脚本
    タイス・ムーウェーゼ
  • 撮影
    ジャスパー・ヴァーカート

関連特集

ジャパンプレミア

日本初登場となる海外の秀作をセレクト

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ジャパンプレミア

日本初登場となる海外の秀作をセレクト

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの