映画
劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼[ディレクターズカット版]

劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼[ディレクターズカット版]

8/5(水)午前7:00

平成仮面ライダー第6作「仮面ライダー響鬼(ヒビキ)」の劇場版。戦国時代を舞台に、強大な魔化魍(まかもう)を倒すため集結した“鬼”=仮面ライダーたちの激闘を描く。

妖怪などをモチーフにした和風伝奇テイストの世界観や、修行で鬼の力を身に付けた仮面ライダーたちが猛士(たけし)と呼ばれるサポート組織とともに戦うなどの斬新な設定で新風を吹き込んだ「仮面ライダー響鬼」の劇場版をディレクターズカット版で放送。古文書を調べていた明日夢が、戦国時代のヒビキら鬼たちの活躍を知るという構成で、忌み嫌われる存在でもあった鬼たちが、それでも人々を魔化魍から救うため力を尽くす姿を描く。歌舞鬼や凍鬼ら映画オリジナルの仮面ライダーたちの個性的な姿と戦いぶりも注目だ。

My番組登録者数
  • 186
劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼[ディレクターズカット版]

平成仮面ライダー第6作「仮面ライダー響鬼(ヒビキ)」の劇場版。戦国時代を舞台に、強大な魔化魍(まかもう)を倒すため集結した“鬼”=仮面ライダーたちの激闘を描く。

現代。仮面ライダー響鬼でさえ苦戦する巨大魔化魍オロチに関する資料を探していた少年・明日夢は、戦国時代の古文書に、当時の響鬼と仲間の鬼たちがオロチと戦った記録を見付け出す……。戦国時代。ある村の少年・明日夢は、毎年いけにえを食らいに現われるオロチを倒すため、鬼に助けを求める。最初に出会った鬼・カブキの紹介で、ヒビキという鬼を訪ねた明日夢だが、彼こそは明日夢にとって亡き兄の仇でもある鬼だった。

作品データ

  • 制作年/2005
  • 制作国/日本
  • 内容時間/90分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
ヒビキ/仮面ライダー響鬼 細川茂樹
安達明日夢/明日夢 栩原楽人
カブキ/仮面ライダー歌舞鬼 松尾敏伸
イブキ/仮面ライダー威吹鬼 渋江譲二
トウキ/仮面ライダー凍鬼 松田賢二
キラメキ/仮面ライダー煌鬼 山中聡
ハバタキ/仮面ライダー羽撃鬼 湯江健幸
トドロキ/仮面ライダー轟鬼 川口真五
ヒトツミ 安倍麻美
立花勢地郎/籐兵衛 下條アトム

スタッフ

  • 監督
    坂本太郎
  • 原作
    石ノ森章太郎(石ノ森のノは半角表記)
  • 脚本
    井上敏樹
  • 撮影
    いのくままさお
  • 音楽
    佐橋俊彦

関連特集

「劇場版 平成仮面ライダー」44作品大集合!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

「劇場版 平成仮面ライダー」44作品大集合!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの