映画
ラ・ヨローナ~泣く女~

ラ・ヨローナ~泣く女~
現在、放送予定はありません。

「死霊館」シリーズのJ・ワンが製作を務めたサスペンスホラー。メキシコに伝わる怨霊話を下敷きに、すすり泣きとともに現われ、子どもの命を奪うヨローナの呪いを描く。

メキシコをはじめ、中南米に広く伝わるという泣く女ヨローナの怨霊話をモチーフにしたサスペンスホラー。大ヒットシリーズ「死霊館」の監督や製作を務めるワンが本作でも製作に参加、「死霊館」と直接のつながりこそないものの、同シリーズの主要キャラクターのひとりペレズ神父が登場し、呪いの人形アナベルの事件について語るなど、世界観を共有する作品となっている。子どもを呪いから守ろうとする母親の主人公を、TVドラマ「ER 緊急救命室」シリーズのL・カーデリーニが熱演した。

My番組登録者数
  • 0
ラ・ヨローナ~泣く女~

「死霊館」シリーズのJ・ワンが製作を務めたサスペンスホラー。メキシコに伝わる怨霊話を下敷きに、すすり泣きとともに現われ、子どもの命を奪うヨローナの呪いを描く。

1970年代。児童相談所に勤めるアンナは、担当する家族の母親パトリシアが狭い部屋に閉じ込めていた子どもたちを強制的に保護する。だがその夜、子どもたちは川で溺死してしまった。パトリシアは、「ヨローナを止めようとしていたのに、あなたのせいで子どもが殺された」とアンナをなじる。やがてアンナは、教会のペレズ神父から、中南米に伝わるヨローナの怨霊話を聞く。程なく、今度はアンナ自身の2人の子どもに異変が……。

作品データ

  • 原題/The Curse of La Llorona
  • 制作年/2019
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/94分
  • ジャンル/ホラー

出演

役名 役者名
アンナ リンダ・カーデリーニ
クリス ローマン・クリストウ
サマンサ(サム) ジェイニー=リン・キンチェン
ラファエル レイモンド・クルツ
パトリシア パトリシア・ヴェラスケス
クーパー(クープ)刑事 ショーン・パトリック・トーマス
ペレズ神父 トニー・アメンドーラ
ラ・ヨローナ マリソル・ラミレス

スタッフ

  • 監督
    マイケル・チャベス
  • 製作
    ジェームズ・ワン
  • 製作
    ゲイリー・ドーベルマン
  • 製作
    エミール・グラッドストーン
  • 脚本
    ミッキ・ドートリー
  • 脚本
    トビアス・イアコニス
  • 撮影
    マイケル・バージェス
  • 音楽
    ジョセフ・ビシャラ

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの