映画
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

7/18(土)よる11:50

7/26(日)午前7:45

ハリウッド大作「GODZILLA ゴジラ(2014)」の続編。日本版シリーズの人気怪獣たち、キングギドラ、モスラ、ラドンが海外作品に初登場したのが大きな話題に!

初のハリウッド版「GODZILLA(1998)」からすべてを一新し、世界的に大ヒットした「~(2014)」の続編。前作のラストで海に消えた怪獣ゴジラが再登場する一方、日本版シリーズの人気怪獣たち、3つの頭を持つキングギドラ、幼虫から成虫になる巨大なガのモスラ、空を飛ぶラドンが海外作品で勢ぞろいし、一大バトルを展開したのが見もの。渡辺謙が前作に続き科学者役で出演。なお本作の続編で「キングコング: 髑髏島の巨神」の続編でもある「ゴジラVSコング(仮)」(小栗旬も出演)も製作中だ。

My番組登録者数
  • 886
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

ハリウッド大作「GODZILLA ゴジラ(2014)」の続編。日本版シリーズの人気怪獣たち、キングギドラ、モスラ、ラドンが海外作品に初登場したのが大きな話題に!

怪獣ゴジラと怪獣ムートーが戦い、勝ったゴジラが海に消えてから5年後。世界の世論は“怪獣は人類にとって敵”という意見に傾き、怪獣の存在を隠し続けた研究機関“モナーク”は非難の矛先に。そんな中、中国にある“モナーク”の施設は元軍人ジョナが率いる環境テロリスト一味に襲われ、休眠状態の怪獣と交信できる装置“オルカ”が強奪されてしまう。一味は“オルカ”を使い、“モンスター・ゼロ”と呼ばれる怪獣を覚醒させる。

作品データ

  • 原題/Godzilla: King of the Monsters
  • 制作年/2019
  • 制作国/アメリカ/日本
  • 内容時間(字幕版)/132分
  • 内容時間(吹替版)/132分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
マーク・ラッセル カイル・チャンドラー 田中圭
芹沢猪四郎博士 渡辺謙 渡辺謙
アイリーン・チェン博士/リン・チェン博士 チャン・ツィイー 甲斐田裕子
エマ・ラッセル ヴェラ・ファーミガ 木村佳乃
マディソン・ラッセル ミリー・ボビー・ブラウン 芦田愛菜
スタントン博士 ブラッドリー・ウィットフォード 安原義人
ヴィヴィアン・グレアム博士 サリー・ホーキンス 高橋理恵子
アラン・ジョナ チャールズ・ダンス 土師孝也

スタッフ

  • 監督
    マイケル・ドハティ
  • 製作
    トーマス・タル
  • 製作
    メアリー・ペアレント
  • 製作
    アレックス・ガルシアほか
  • 原案
    マイケル・ドハティ
  • 原案
    ザック・シールズ
  • 原案
    マックス・ボレンスタイン
  • 脚本
    マイケル・ドハティ
  • 脚本
    ザック・シールズ
  • 撮影
    ローレンス・シャー
  • 音楽
    ベアー・マクレアリー

関連特集

メガヒット劇場

大ヒット最新作が続々登場!

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • サイコー!

    • ★★★★☆
    • ミーケン
    • 2020/05/05 14:21

    怪獣映画として最高。なぜなら怪獣がかっこいいから。特にそれぞれの怪獣の登場時に、最高にかっこよく見えるように総力をあげるスタッフの気持ちが見える。細かいことにケ 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

メガヒット劇場

大ヒット最新作が続々登場!

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの