映画
ボクは坊さん。

ボクは坊さん。
現在、放送予定はありません。

伊藤淳史が、人々と真摯に向き合う若き住職役を演じたハートウオーミングドラマ。祖父の逝去を受け、24歳で住職となった青年の成長を描く。山本美月、溝端淳平らが共演。

栄福寺の住職である白川密成のエッセイを、長編映画初監督となる真壁幸紀が映画化。子役時代から長いキャリアを誇る伊藤が、あまり知られていない“住職あるある”をユーモアたっぷりに表現してみせた。山本美月が演じる幼なじみの京子に対して見せる優しさをはじめ、人間味あふれる演技も好感が持てる。主人公の光円を、まるで神仏のようなまなざしで見守る役どころに扮したイッセー尾形のせりふの数々も魅力的で、観客の心に染みわたる説得力がある。ひと筋の光が差し込むような後味の良さが残る作品となった。

My番組登録者数
  • 0
ボクは坊さん。

伊藤淳史が、人々と真摯に向き合う若き住職役を演じたハートウオーミングドラマ。祖父の逝去を受け、24歳で住職となった青年の成長を描く。山本美月、溝端淳平らが共演。

愛媛県今治市にあり、弘法大師空海が開いたとされる四国八十八カ所霊場の第57番札所、栄福寺で生まれ育った進。彼は高野山の山上都市にある高野山大学で修業し、僧侶としての資格である“阿闍梨(あじゃり)”の位を得て実家に戻ってくる。髪も伸びて地元の書店で働きだした進だったが、祖父が病に倒れたことを機に自分の進むべき道を定めた彼は光円と改名し、住職としての活動を始める。だが、新生活は思わぬことばかりで……。

作品データ

  • 制作年/2015
  • 制作国/日本
  • 内容時間/100分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
白方進/光円 伊藤淳史
越智京子 山本美月
桧垣真治 溝端淳平
峰岸孝典 渡辺大知
栗本広太 濱田岳
白方真智子 松田美由紀
新居田明 イッセー尾形

スタッフ

  • 監督
    真壁幸紀
  • 脚本
    平田研也
  • 撮影
    柴崎幸三
  • 音楽
    平井真美子

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • お坊さん、あるある。

    • ★★★★☆
    • randydad
    • 2020/02/27 17:11

    高野山での修行や学生生活がリアルに描かれていて感心しました。また、お寺に戻ってから迷いながらも住職に成長する姿、そしてそれを支える人達。どの宗派の僧侶も住職に成 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの