映画
ウトヤ島、7月22日

ウトヤ島、7月22日
現在、放送予定はありません。

2011年7月22日、ノルウェーのウトヤ島で実際に起きた無差別銃乱射事件の様子を、72分間ワンカットの超長回し撮影を敢行し、迫真の臨場感満点に映画化した衝撃作。

2011年7月22日、ノルウェーの首都オスロにある政府庁舎付近で、突如爆破テロ事件が発生。さらに同日、極右思想に染まった同一犯が、同国のウトヤ島でサマーキャンプ中だった数百人の青年に対し、無差別銃乱射事件を起こす。両事件による死者は77人に達し、単独犯による犯行では史上最多の大量殺人となる未曽有の惨事となった。この戦慄的な事件を、E・ポッペ監督が超長回し撮影を駆使して迫真の臨場感満点に映画化し、第68回ベルリン国際映画祭でエキュメニカル審査員賞スペシャルメンションを受賞した。

My番組登録者数
  • 0
ウトヤ島、7月22日

2011年7月22日、ノルウェーのウトヤ島で実際に起きた無差別銃乱射事件の様子を、72分間ワンカットの超長回し撮影を敢行し、迫真の臨場感満点に映画化した衝撃作。

2011年7月22日午後3時17分、ノルウェーの首都オスロの政府庁舎前で、駐車中のワゴン車に積まれていた爆弾が不意に爆発して周囲を破壊し、8人が死亡する爆破テロ事件が発生。同日午後5時過ぎ、オスロから40kmほど離れたウトヤ島では、大勢の若者たちがサマーキャンプに参加し、国の将来について活発に話し合っていた。そこへ突如、銃声が鳴り響き、彼らは何が起きたかよく分からぬまま、必死で逃げ惑うこととなる。

作品データ

  • 原題/Ut?ya 22. juli
  • 制作年/2018
  • 制作国/ノルウェー
  • 内容時間(字幕版)/97分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

受賞歴

  • 第68回(2018)ベルリン国際映画祭エキュメニカル審査員賞スペシャルメンション

出演

役名 役者名
カヤ アンドレア・ベルンツェン
エミリエ エリー・リアンノン・ミューラー・オズボーン
オーダ ジェニ・スヴェネヴィク
マグヌス アレクサンデル・ホルメン
クリスティーネ インゲボルグ・エネス

スタッフ

  • 監督
    エリック・ポッペ
  • 製作総指揮
    エリック・ポッペ
  • 製作
    フィン・イェンドルム
  • 製作
    スタイン・B・クワエ
  • 脚本
    シヴ・ラジェンドラム・エリアセン
  • 脚本
    アンナ・バヘ=ウィーグ
  • 撮影
    マルティン・オッテルベック
  • 音楽
    ヴォルフガング・プラッゲ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの