映画
ある女流作家の罪と罰

ある女流作家の罪と罰
現在、放送予定はありません。

第91回アカデミー賞で3部門にノミネートされたが、日本で劇場未公開なのがもったいない佳作。売れない女性作家は生活費に困り、著名人の手紙を捏造するようになり……。

実在するヒロインが書いた自身の体験記を映画化し、アカデミー賞で主演女優賞・助演女優賞・脚色賞にノミネート。中でも主演女優賞候補になったM・マッカーシーが「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」などで見せてきたコミカル路線ではなく、シリアスな熱演に挑んだのが見ものだ。やはりオスカーにノミネートされたR・E・グラントも好演。ヒロインが、伝記作家であるがゆえに手紙の捏造が上手という皮肉も面白く、日本で劇場未公開なのは惜しい限りだ。監督は「ミニー・ゲッツの秘密」のM・ヘラー。

My番組登録者数
  • 0
ある女流作家の罪と罰

第91回アカデミー賞で3部門にノミネートされたが、日本で劇場未公開なのがもったいない佳作。売れない女性作家は生活費に困り、著名人の手紙を捏造するようになり……。

ニューヨーク。かつてベストセラーを何冊か書いた伝記作家リーだが、最近は新刊の企画が通らず、毎日の生活費に困るありさま。そこで大切にしていた女優キャサリン・ヘプバーンが書いた手紙を古書店に売ると、有名人のスキャンダラスな手紙がコレクターに高く売れることを発見。思い余ってリーは著名人たちの手紙を捏造しては古書店に売り、ひと稼ぎするように。しかし、あるコレクターは手紙が捏造されたものであると気付き……。

作品データ

  • 原題/Can You Ever Forgive Me?
  • 制作年/2018
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/107分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
リー・イスラエル メリッサ・マッカーシー
ジャック・ホック リチャード・E・グラント
アナ ドリー・ウェルズ
マージョリー ジェーン・カーティン
アラン・シュミット ベン・ファルコーン
エレイン アンナ・ディーヴァー・スミス

スタッフ

  • 監督
    マリエル・ヘラー
  • 製作
    アン・ケアリー
  • 製作
    エイミー・ノイオカス
  • 製作
    デヴィッド・ヤーネル
  • 脚本
    ニコール・ホロフセナー
  • 脚本
    ジェフ・ウィッティ
  • 撮影
    ブランドン・トゥロスト
  • 音楽
    ネイト・ヘラー

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 地味だけど刺さる

    • ★★★★☆
    • ミーケン
    • 2020/02/04 11:11

    中年の落ちぶれた男女が生活にせまられて詐欺をする。それぞれ落ちぶれたのは自分にも非があると思われる人物像だ。つらい。暗い結末しか想像できない。しかし、それなのに 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの