映画
メッセージマン

メッセージマン
現在、放送予定はありません。

ジャカルタの小島にやって来た元凄腕ヒットマンは、凶悪海賊団を相手に全力の死闘へ……。「ザ・レイド」を生んだインドネシアなどが合作した凄絶バイオレンスアクション。

舞台はインドネシアの首都ジャカルタの郊外の小島。殺し屋稼業から足を洗った白人男性ライアンは、そこで暮らす少年やその母親と親しくなるが、一帯を荒らす海賊団の存在を知り、自身が抑えようとしていた暴力性を解放し、激闘に乗り出していく……。主人公のあだ名らしき、“メッセージマン”という名前の由来がよく分からないままストーリーが進むのはご愛嬌ながら、冒頭30分のほのぼのとしたムードが一転し、そこから世界最高レベルの凄絶バイオレンス場面が次々に畳み掛けられていくのがとにかく痛快な娯楽編。

My番組登録者数
  • 0
メッセージマン

ジャカルタの小島にやって来た元凄腕ヒットマンは、凶悪海賊団を相手に全力の死闘へ……。「ザ・レイド」を生んだインドネシアなどが合作した凄絶バイオレンスアクション。

凄腕殺し屋だったライアンは稼業から足を洗い、安住の地を求めてジャカルタの小島へ。そこで少年ドーニやその母親ジェーンティと親しくなり、今まで無かった安らぎを感じる。しかし島民たちを支配する海賊団と対立し、一味を何人も殺してしまう。そんなライアンに、マフィアのリーは殺し屋たちを招集し、彼を殺すよう命じるが、ライアンはかつて自分が所属した暗殺者のネットワークに援軍を頼み、双方は総力戦を繰り広げる事態に。

作品データ

  • 原題/Message Man
  • 制作年/2018
  • 制作国/インドネシア/オーストラリア
  • 内容時間(字幕版)/91分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
ライアン ポール・オブライエン
リー ヴェルディ・ソライマン
ジェーンティ アグニ・プラティスチャ
ドーニ アジ・サントーサ

スタッフ

  • 監督
    コーリー・ピアソン
  • 製作
    コーリー・ピアソン
  • 製作
    ミッチェル・パーマー
  • 製作
    マーク・オルセンほか
  • 脚本
    コーリー・ピアソン
  • 撮影
    ロニー・アーノルド
  • 撮影
    ニール・カーヴィン
  • 音楽
    タイ・ロテム

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの