ステージ
メトロポリタン・オペラ

12月スタート
メトロポリタン・オペラ

ドニゼッティ《連隊の娘》

11/14(土)午後5:00

ドニゼッティ《連隊の娘》

12/4(金)午後5:10

  • メトロポリタン・オペラ

    ドニゼッティ《連隊の娘》

    11/14(土)午後5:00 11/14(土)午後5:00
    12/4(金)午後5:10 12/4(金)午後5:10
  • メトロポリタン・オペラ

    チレア《アドリアーナ・ルクヴルール》 新演出

    12/16(水)午前11:00 12/16(水)午前11:00
  • メトロポリタン・オペラ

    サン=サーンス《サムソンとデリラ》 新演出

    12/17(木)午後0:30 12/17(木)午後0:30
  • メトロポリタン・オペラ

    ヴェルディ《アイーダ》

  • メトロポリタン・オペラ

    ヴェルディ《椿姫》 新演出

  • メトロポリタン・オペラ

    ワーグナー《ワルキューレ》

  • メトロポリタン・オペラ

    プッチーニ《西部の娘》

  • メトロポリタン・オペラ

    メトロポリタン・オペラ ニコ・ミューリー《マーニー》 MET初演

    メトロポリタン・オペラ

    盗みを繰り返す謎の美女マーニーのショッキングな過去とは?あのヒッチコックが映画化した心理サスペンスを、鬼才ニコ・ミューリーがオペラ化した傑作。

    映画界の巨匠ヒッチコックが映画化した心理サスペンスが、現代音楽の若き鬼才ニコ・ミューリーの手によって描かれた新作オペラ。盗みを繰り返す謎の美女マーニーに惹かれた男が、彼女の驚くべき過去を明らかにしていく。性暴力やトラウマ、PTSDなどが表現されるが、迫真の音楽と巧みな舞台演出で鮮やかに描かれる。演出はトニー賞受賞のマイケル・メイヤー。人間の深層心理を斬新な手法で重層的に描き、見る者をくぎ付けにする。
    複雑な役柄であるマーニー役はイザベル・レナードで、作曲は彼女をイメージして行なわれたという。マーニーの盗癖を知りながら結婚するマーク役にクリストファー・モルトマン。その弟テリー役にカウンター・テナーのイェスティン・デイヴィーズ。彼の中性的な歌唱によって、兄弟の争いに心理的な深みが加わっている。そして、驚きの結末をワクワクしながら迎えることができる、新作ならではの楽しみを味わっていただきたい。

    収録日・収録場所

    • 2018年11月10日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク メトロポリタン歌劇場

    出演

    役名 役者名 役割
    ロバート・スパーノ 指揮
    マーニー・エドガー イザベル・レナード 出演
    マーク・ラトランド クリストファー・モルトマン 出演
    テリー・ラトランド イェスティン・デイヴィーズ 出演
    ラトランド夫人 ジャニス・ケリー 出演
    マーニーの母 デニ-ス・グレイヴス 出演

    スタッフ

    • 演出
      マイケル・メイヤー
  • メトロポリタン・オペラ

    プーランク《カルメル会修道女の対話》

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの