ステージ
メトロポリタン・オペラ

12月スタート
メトロポリタン・オペラ

ヴェルディ《アイーダ》

10/2(金)午前9:10

プーランク《カルメル会修道女の対話》

10/3(土)午後2:30

  • メトロポリタン・オペラ

    ヴェルディ《アイーダ》

    10/2(金)午前9:10 10/2(金)午前9:10
  • メトロポリタン・オペラ

    メトロポリタン・オペラ プーランク《カルメル会修道女の対話》

    10/3(土)午後2:30 10/3(土)午後2:30
    メトロポリタン・オペラ

    フランス革命に翻弄された修道女たちの史実に基づいた衝撃作。祈りともいうべき美しい音楽と戦慄のラストシーンは生とは何か、死とは何かを問い掛け、比類なき感動を生む。

    フランス革命に揺れた18世紀末、恐怖政治下で断頭台に送られていった修道女たちを描き、生きるとは何かを深く考えさせられるオペラ作品。本作ほど史実に忠実な作品は珍しく、修道女たちも皆実在の人物の名前が取り入れられている。プーランクの美しく透明感にあふれる音楽、そして衝撃のラストシーンは、オペラ史上に残る名場面として語り継がれている。MET音楽監督のY・ネゼ=セガンは「ラストシーンで多くのオーケストラ団員が演奏しながら泣いていました。こんなことは今まで見たことがありませんでした。それほど人を動かす作品なのです。」と語る。
    オペラ界屈指の女性キャストが集結した今作。ベテランのK・マッティラや、ヒロインを演じる美貌のI・レナード、フレッシュな声が魅力のE・モーリー、抜群の表現力で魅了するA・ピエチョンカなど、女性の不屈の精神に勇気づけられる今作にふさわしい充実のキャスト陣にも注目だ。

    収録日・収録場所

    • 2019年5月11日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク メトロポリタン歌劇場

    出演

    役名 役者名 役割
    ヤニック・ネゼ=セガン 指揮
    ブランシュ・ド・ラ・フォルス イザベル・レナード 出演
    クロワシー夫人(修道院長) カリタ・マッティラ 出演
    リドワーヌ夫人(新修道院長) エイドリアン・ピエチョンカ 出演
    コンスタンス エリン・モーリー 出演
    マリー修道女長 カレン・カーギル 出演
    騎士フォルス デイヴィッド・ポルティッヨ 出演
    ド・ラ・フォルス侯爵 ジャン=フランソワ・ラポワント 出演

    スタッフ

    • 演出
      ジョン・デクスター

    関連特集

    10月MET特集:女たちが選ぶ衝撃の結末

    土曜ステージ

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの