ステージ
メトロポリタン・オペラ

12月スタート
メトロポリタン・オペラ

プッチーニ《西部の娘》

7/11(土)午後4:30

ニコ・ミューリー《マーニー》 MET初演

8/1(土)午後5:00

  • メトロポリタン・オペラ

    プッチーニ《西部の娘》

    7/11(土)午後4:30 7/11(土)午後4:30
  • メトロポリタン・オペラ

    ニコ・ミューリー《マーニー》 MET初演

    8/1(土)午後5:00 8/1(土)午後5:00
  • メトロポリタン・オペラ

    ヴェルディ《アイーダ》

  • メトロポリタン・オペラ

    メトロポリタン・オペラ ヴェルディ《椿姫》 新演出

    メトロポリタン・オペラ

    これぞ「椿姫」の決定版!一生で一度は観るべきオペラを新演出で。人気絶頂のD・ダムラウと、世紀のテノール、J・D・フローレスが不滅の恋を歌い上げる。

    高度なテクニックと表現力で、現代を代表する歌姫ディアナ・ダムラウが、最高峰のテノール、フアン・ディエゴ・フローレスと夢の競演を果たした「椿姫」の決定版。トニー賞受賞のマイケル・メイヤーによる新演出は、物語を四季の移ろいでドラマティックに描き、ゴージャスな中にもNYらしいモダンな要素をふんだんに入れたまったく新しい舞台となった。また、MET新音楽監督ヤニック・ネゼ=セガン指揮による鮮烈な音楽は、ヴェルディの繊細な面に光をあて、新しい音を追求。一音一音にこだわった貴重なリハーサル風景は必見。
    高級娼婦ヴィオレッタが真実の恋に巡り合い、悲痛な運命に翻弄されるというこの物語。今作ではヴィオレッタの回想から入り、彼女の心により感情移入しやすい展開となっている。有名なアリアが満載で「一生で一度は観るべきオペラ」といわれ、観る者の心を捉えて離さない心揺さぶる不朽の名作オペラ、涙なくしては観られない。

    収録日・収録場所

    • 2018年12月15日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク メトロポリタン歌劇場

    出演

    役名 役者名 役割
    ヤニック・ネゼ=セガン 指揮
    ヴィオレッタ・ヴァレリー ディアナ・ダムラウ 出演
    アルフレード・ジェルモン フアン・ディエゴ・フローレス 出演
    ジョルジョ・ジェルモン クイン・ケルシー 出演

    スタッフ

    • 演出
      マイケル・メイヤー
  • メトロポリタン・オペラ

    チレア《アドリアーナ・ルクヴルール》 新演出

  • メトロポリタン・オペラ

    ワーグナー《ワルキューレ》

  • メトロポリタン・オペラ

    サン=サーンス《サムソンとデリラ》 新演出

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの