映画
ここは退屈迎えに来て

ここは退屈迎えに来て

12/20(金)よる7:15

橋本愛、門脇麦、成田凌など、豪華なキャストが結集した、青春群像ドラマ。高校時代に誰からも好かれる人気者だった“椎名くん”を軸に、女性たちの過去と現在が交錯する。

山内マリコのデビュー小説を「ママレード・ボーイ(2018)」の廣木隆一監督が映画化、音楽を人気バンド、フジファブリックが担当したことも話題を呼んだ。2004年の高校時代から2013年の現在まで時間軸をバラして描き、成田演じる椎名くんと、橋本演じる「私」、門脇演じる「あたし」ほか、さまざまな人物が結び付いてそれぞれの心情が浮かび上がる。長回し撮影を多用して登場人物の感情を引き出す廣木監督の手腕が光り、フジファブリックの初期の名曲「茜色の夕日」を巧みに使った場面は特に印象に残る。

My番組登録者数
  • 333
ここは退屈迎えに来て

橋本愛、門脇麦、成田凌など、豪華なキャストが結集した、青春群像ドラマ。高校時代に誰からも好かれる人気者だった“椎名くん”を軸に、女性たちの過去と現在が交錯する。

2013年。何者かになりたくて東京に出たものの、10年がたち、なんとなく地元に戻った27歳の「私」。フリーライターである彼女は、高校時代に仲が良かったサツキと合流し、高校時代に憧れの的だった“椎名くん”に会いに行くことに。一方2008年。22歳の「あたし」は書店でのアルバイトの後、待っていた高校の同級生・遠藤の車に乗り込む。だが高校時代に椎名くんと付き合っていた彼女は、彼のことが忘れられずにいた。

作品データ

  • 制作年/2018
  • 制作国/日本
  • 内容時間/98分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
「私」 橋本愛
「あたし」 門脇麦
椎名くん 成田凌
新保くん 渡辺大知
山下南 岸井ゆきの
森繁あかね 内田理央
サツキ 柳ゆり菜
皆川光司 マキタスポーツ
須賀さん 村上淳

スタッフ

  • 監督
    廣木隆一
  • 脚本
    櫻井智也
  • 撮影
    水口智之
  • 音楽
    フジファブリック

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

平日夜は最新映画!

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

平日夜は最新映画!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの