ステージ
パリ・オペラ座バレエ団「シンデレラ」

パリ・オペラ座バレエ団「シンデレラ」

8/24(土)午後5:30

パリ・オペラ座バレエ団の2018年公演より、伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフ振り付けの「シンデレラ」をお届け。カール・パケットのさよなら公演でもある傑作。

My番組登録者数
  • 282
パリ・オペラ座バレエ団「シンデレラ」

パリ・オペラ座バレエ団の2018年公演より、伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフ振り付けの「シンデレラ」をお届け。カール・パケットのさよなら公演でもある傑作。

2018年12月末、元パリ・オペラ座エトワールのカール・パケットがさよなら公演に選んだのは、伝説の振付家ルドルフ・ヌレエフがパリ・オペラ座に残した傑作「シンデレラ」。カール・パケットは1994年に17歳で、パリ・オペラ座バレエ団に入団し、2001年にプルミエ・ダンスールに昇進、2009年12月に任命されて以降、9年間エトワールを務め上げた人気ダンサー。本作は惜しまれながら引退したカール・パケットのパリ・オペラ座バレエ団最後の作品となる。
本作、「シンデレラ」は1930年代のハリウッドを舞台に描く華麗なスター誕生物語。シンデレラは女優に憧れる少女、王子はスター俳優という設定で、王子役のカール・パケットとパートナーを組むシンデレラを演じるのは、これまで幾度も共演しているヴァランティーヌ・コラサンテ。2人の義姉役はリュドミラ・パリエロ、ドロテ・ジルベール、夏の妖精役はエミリー・コゼットと、多くのエトワールを起用している。

収録日・収録場所

  • 2018年12月/フランス・パリ オペラ・バスティーユ

出演

役名 役者名
シンデレラ ヴァランティーヌ・コラサンテ
映画スター カール・パケット
義姉 リュドミラ・パリエロ
義姉 ドロテ・ジルベール
継母 オーレリアン・ウエット
プロデューサー アレッシオ・カルボーン
ダンス教師 ポール・マルク
マリオン・バルボー
エミリー・コゼット
パク・セウン
ファニー・ゴルス

スタッフ

  • 振付
    ルドルフ・ヌレエフ
  • 音楽
    セルゲイ・プロコフィエフ
  • 衣装
    森英恵

関連特集

WOWOWバレエの日~350年の伝統と美 パリ・オペラ座バレエ団特集~

関連特集

WOWOWバレエの日~350年の伝統と美 パリ・オペラ座バレエ団特集~

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの