映画
ナチス第三の男

ナチス第三の男

3/30(月)深夜0:35

ナチスドイツでヒトラー、ヒムラーに次ぐ3番目の大物だったラインハルト・ハイドリヒ。その半生と彼を狙った暗殺計画を綴るベストセラー小説を、壮大なスケールで映画化。

25カ国で翻訳され、日本でも第11回“本屋大賞”の翻訳小説部門・第1位に選ばれた世界的ヒット小説「HHhH プラハ、1942年」を映画化。前半ではハイドリヒがいかにナチスで出世していったかが描かれるが、後半はチェコスロバキア人たちが実行したハイドリヒ暗殺計画“エンスラポイド作戦”をスリリングかつ迫力たっぷりに描写。悲劇的な展開だが、それこそがまさに戦争なのだろう。「ターミネーター:新起動/ジェニシス」のJ・クラーク、「ゴーン・ガール」のR・パイクら国際色豊かなキャストが集結。

My番組登録者数
  • 269
ナチス第三の男

ナチスドイツでヒトラー、ヒムラーに次ぐ3番目の大物だったラインハルト・ハイドリヒ。その半生と彼を狙った暗殺計画を綴るベストセラー小説を、壮大なスケールで映画化。

1931年。ドイツ海軍のハイドリヒは男女関係のもつれから軍法会議にかけられ、不名誉除隊となる。婚約者リナの勧めでナチ党に入党し、ヒムラーから党の親衛隊(SS)の情報部を任され、ナチ党にとって敵性分子である者を見つけては粛清する。やがてアドルフ・ヒトラー政権でハイドリヒはドイツに支配されたチェコスロバキアで副総督となるが、英国に亡命していたチェコスロバキア人の一部は帰国し、ハイドリヒの暗殺に挑む。

作品データ

  • 原題/The Man with the Iron Heart(HHhH)
  • 制作年/2017
  • 制作国/フランス/イギリス/ベルギー
  • 内容時間(字幕版)/120分
  • ジャンル/アクション/冒険・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
ラインハルト・ハイドリヒ ジェイソン・クラーク
リナ・フォン・オステン ロザムンド・パイク
ヤン・クビシュ ジャック・オコンネル
ヨゼフ・ガブチーク ジャック・レイナー
アンナ・ノヴァーク ミア・ワシコウスカ
ハインリヒ・ヒムラー スティーヴン・グレアム

スタッフ

  • 監督
    セドリック・ヒメネス
  • 製作
    アラン・ゴールドマン
  • 製作
    ダニエル・クラウン
  • 脚本
    セドリック・ヒメネス
  • 脚本
    デヴィッド・ファー
  • 脚本
    オードレイ・ディヴァン
  • 撮影
    ローラン・タンギー
  • 音楽
    ギヨーム・ルーセル

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの