映画
クワイエット・プレイス

クワイエット・プレイス

2/16(日)午前7:55

全米で大ヒットしたサスペンスホラー。音を立てると襲われるという異常な状況で、一家4人がサバイバルに挑む。実生活でも夫婦のE・ブラントとJ・クラシンスキーが共演。

聞こえるせりふはごくわずかで、ほとんどの場面で会話は手話でなされる。音を立てられない状況はまるでサイレント映画を見ている感覚で、説明的な部分も無く、映像と演出ですべてが語られるのが斬新でスリリングだ。ドラマ「トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン」でも注目を集めたクラシンスキーが監督、出演など4役をこなし、妻のブラントと夫婦初共演。クラシンスキーとブラントが演じる夫妻の娘リーガン役のM・シモンズは実際に聴覚障害があり、そんな彼女の存在もリアルな空気感を生んだ。

My番組登録者数
  • 199
クワイエット・プレイス

全米で大ヒットしたサスペンスホラー。音を立てると襲われるという異常な状況で、一家4人がサバイバルに挑む。実生活でも夫婦のE・ブラントとJ・クラシンスキーが共演。

音に反応して人間を襲う“何か”に大勢が殺され、荒廃した世界。“何か”は呼吸の音さえも逃がさず、誰かが一瞬でも音を立てると襲ってくる。父リー、母エヴリン、娘のリーガンと息子のマーカスという一家は手話を使い、まいた砂の上を裸足で歩き、静寂の中で暮らすが、妊婦のエヴリンはいつ出産してもおかしくない。やがて一家が暮らす家に“何か”が忍び込み、ひとりでいたエヴリンは音を立てず、“何か”が去るのを待つが……。

作品データ

  • 原題/A Quiet Place
  • 制作年/2018
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/91分
  • 内容時間(吹替版)/91分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー・ホラー

出演

役名 役者名
エヴリン エミリー・ブラント
リー ジョン・クラシンスキー
リーガン ミリセント・シモンズ
マーカス ノア・ジュープ
ボー ケイド・ウッドワード
森の中の男 レオン・ラッサム

スタッフ

  • 監督
    ジョン・クラシンスキー
  • 製作総指揮
    ジョン・クラシンスキーほか
  • 製作
    マイケル・ベイ
  • 製作
    アンドリュー・フォーム
  • 製作
    ブラッド・フラー
  • 脚本
    ブライアン・ウッズ
  • 脚本
    スコット・ベック
  • 脚本
    ジョン・クラシンスキー
  • 撮影
    シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
  • 音楽
    マルコ・ベルトラミ

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 前略、おふくろさん。強いッス!

    • ★★★☆☆
    • さすらいダイバー
    • 2019/09/04 19:25

    音をたてたら、即死。
    でも、食べてるふうではありませんが?
    「ピアノ殺人的」なモンスターなのか?
    モンスター発生も前略。物語のコンセプトが無いのが残念だが、緊張
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの