映画
ブレイン・ゲーム

ブレイン・ゲーム
現在、放送予定はありません。

未来を読み解くのはどっちだ? A・ホプキンスとC・ファレルが、ともに予知能力を持つ犯罪アナリストと連続殺人鬼に扮して息詰まる頭脳戦を繰り広げるサイコスリラー。

正体不明の連続殺人鬼の後を追うFBI捜査官たちが協力を仰いだのは、元同僚の犯罪アナリスト。優れた予知能力を持つ彼は、やがて犯人が自分と同類の人間であることを知り、かくて超能力者同士の息詰まる頭脳戦がここに始まることに。イギリスの名優ホプキンスが、共同の製作総指揮も兼ねて、あの「羊たちの沈黙」の“レクター博士”をつい彷彿とさせる老主人公をハマリ役で好演。彼と対決する殺人鬼役に「ダンボ(2019)」のファレル、さらにはJ・D・モーガンらが顔をそろえ、見応えのある一作に仕上がった。

My番組登録者数
  • 0
ブレイン・ゲーム

未来を読み解くのはどっちだ? A・ホプキンスとC・ファレルが、ともに予知能力を持つ犯罪アナリストと連続殺人鬼に扮して息詰まる頭脳戦を繰り広げるサイコスリラー。

同じ手口による奇妙な殺人事件が連続して発生。いずれの犯行も目撃者も遺留品もなく、事件の捜査に行き詰まったFBI特別捜査官のジョーとその相棒の女性捜査官キャサリンは、今やひとり静かに引退生活を送っていた、ジョーの元同僚である犯罪アナリストのジョンに助けを求めることに。やがて犯人のチャールズは自らジョンの前に姿を現わし、ジョンは、相手が自分以上に並外れた予知能力の持ち主であることを知って慄然とする。

作品データ

  • 原題/Solace
  • 制作年/2015
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/102分
  • 内容時間(吹替版)/102分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
ジョン・クランシー博士 アンソニー・ホプキンス
ジョー・メリウェザー ジェフリー・ディーン・モーガン
キャサリン・コウルズ アビー・コーニッシュ
見知らぬ男/チャールズ・アンブローズ コリン・ファレル
スローマン捜査官 マット・ジェラルド

スタッフ

  • 監督
    アフォンソ・ポヤルト
  • 製作総指揮
    アンソニー・ホプキンスほか
  • 製作
    ボー・フリン
  • 製作
    トーマス・アウグスバーガー
  • 製作
    トリップ・ヴィンソンほか
  • 脚本
    ショーン・ベイリー
  • 脚本
    テッド・グリフィン
  • 撮影
    ブレンダン・ガルヴィン
  • 音楽
    BT

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 凝りすぎて いまひとつ面白くはない

    • ★★☆☆☆
    • ハムハム探検隊
    • 2019/10/03 15:20

    同じく先の未来を知ることのできる予知能力のモノでもニコラス・ケイジの「NEXT -ネクスト-」は非常に面白かったのだが、こちらはそうでもなかった。予知能力者を犯 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

ウィークエンドエンタ!

週末夜は邦画、洋画のエンタメ作品が続々

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの