ステージ
宝塚への招待

宝塚大劇場公演を中心にショーや芝居など多くの観客より支持された作品に加え、誰もが知る宝塚の名作や世界の文豪たちによる戯曲など、ビッグタイトルをお届けする。

My番組登録者数
  • 618
  • 宝塚への招待

    「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー -モン・パリ誕生90周年-」

  • 宝塚への招待

    「SUPER VOYAGER!」(雪組2017年)

  • 宝塚への招待

    「天は赤い河のほとり」(宙組2018年)

  • 宝塚への招待

    「ドン・ジュアン」(雪組2016年)

  • 宝塚への招待

    「ANOTHER WORLD」(星組2018年)

  • 「オーシャンズ11」―蘭寿とむ×北翔海莉 副音声解説付―

  • 宝塚への招待

    宝塚への招待 「ポーの一族」(花組2018年)

    宝塚への招待

    萩尾望都の名作漫画「ポーの一族」を舞台化。永遠に年を取らず生きるバンパネラ、エドガーを花組トップスターの明日海りおが妖艶に演じる。

    少女漫画の枠を超えて幅広い読者に愛されてきた漫画史上の傑作、萩尾望都の「ポーの一族」を舞台化。永遠に年を取らず生き永らえる“バンパネラ”一族に加わったエドガー(明日海りお)が、仲間とともに哀しみを堪えつつ時空を超えて旅を続けるゴシック・ロマン。同作のミュージカル化を夢見ていた演出家・小池修一郎が劇化を申し出てから30年余り、萩尾があらゆる上演希望を断わり続けてきた幻の舞台がついに実現した。
    【ストーリー】
    18世紀半ばのイギリスの片田舎のスコッティ村。少年エドガー(明日海りお)とその妹メリーベル(華優希)は、乳母に森の中で置き去りにされ、そこでひとりの老婆、老ハンナ・ポー(高翔みず希)と出会う。老ハンナに森の奥の館へいざなわれた2人は、そこで育てられることになる。
    それから13年後、エドガーは美しい貴婦人シーラ(仙名彩世)と出会う。その夜、フランク・ポーツネル男爵(瀬戸かずや)と婚約式を挙げるというシーラだが、その婚約式はシーラを永遠の時を生きる吸血鬼“バンパネラ”の一族に迎え入れる儀式だった。ほんの出来心からその儀式をのぞき見たエドガーは、老ハンナから大人になったら一族に加わるよう迫られる。しかし、一族がバンパネラだと知った村人たちによって館に火が放たれ、一族で最も濃く強い血を宿す大老ポー(一樹千尋)からエナジーを注がれたエドガーは、永遠に少年のままとなってしまう。

    収録日・収録場所

    • 2018年1月19日/兵庫 宝塚大劇場

    出演

    • 出演
      明日海りお
    • 出演
      仙名彩世
    • 出演
      柚香光
    • 出演
      高翔みず希
    • 出演
      花野じゅりあ
    • 出演(専科)
      一樹千尋
    • 出演(専科)
      飛鳥裕

    スタッフ

    • 脚本・演出
      小池修一郎
  • 宝塚への招待

    「BADDY -悪党は月からやって来る-」美弥るりか×憧花ゆりの×宇月颯 副音声解説付

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの