ステージ
宝塚への招待

宝塚への招待

「オーシャンズ11」―蘭寿とむ×北翔海莉 副音声解説付―

10/25(金)午後5:00

「ANOTHER WORLD」(星組2018年)

10/27(日)よる8:00

宝塚大劇場公演を中心にショーや芝居など多くの観客より支持された作品に加え、誰もが知る宝塚の名作や世界の文豪たちによる戯曲など、ビッグタイトルをお届けする。

My番組登録者数
  • 618
  • 宝塚への招待

    「オーシャンズ11」―蘭寿とむ×北翔海莉 副音声解説付―

    10/25(金)午後5:00 10/25(金)午後5:00
  • 宝塚への招待

    「ANOTHER WORLD」(星組2018年)

    10/27(日)よる8:00 10/27(日)よる8:00
  • 宝塚への招待

    「タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー -モン・パリ誕生90周年-」

    11/14(木)午後4:25 11/14(木)午後4:25
  • 宝塚への招待

    「SUPER VOYAGER!」(雪組2017年)

    11/29(金)よる7:00 11/29(金)よる7:00
  • 宝塚への招待

    「天は赤い河のほとり」(宙組2018年)

    11/30(土)午後4:15 11/30(土)午後4:15
  • 宝塚への招待

    宝塚への招待 「ドン・ジュアン」(雪組2016年)

    宝塚への招待

    スペインが舞台の伝説を、フラメンコをベースにした情熱的な名曲でミュージカル化。伝説的プレーボーイ、ドン・ジュアンを現雪組トップスターの望海風斗が熱演。

    ヨーロッパを中心に広く知られている、スペインを舞台とした「ドン・ジュアン伝説」を、情熱あふれる名曲でミュージカル化。2004年にカナダで初演、その後もパリや韓国で上演されたフランス産ミュージカルで、この公演が日本初上演。雪組トップスターの望海風斗が二番手時代に主演を務め、希代のプレーボーイを演じている。背徳にまみれ、快楽を追い求める男が宝塚でどのように描かれるのか、公演前から注目が集まった傑作。
    【ストーリー】
    スペインの貴族ドン・ルイ(英真なおき)の息子、ドン・ジュアン(望海風斗)は、女と酒、そして快楽を求め続けるプレーボーイで、放蕩ずくめの日々を送っていた。ある晩、いつものように女遊びを楽しんでいたドン・ジュアンは、騎士団長(香綾しずる)の娘に手を出してしまい、「娘を汚された」と怒った騎士団長から決闘を申し込まれる。闘いの果て、ドン・ジュアンが勝利を収めるが、殺された騎士団長は亡霊となってドン・ジュアンに付きまとい、「いつか、“愛”がお前への罰になるだろう」という呪いの言葉を突き付ける。
    その後もドン・ジュアンは変わらず女と酒、快楽に溺れ続けていたが、そんな中、殺した騎士団長の石像を作る彫刻家の娘、マリア(彩みちる)と巡り会う。マリアを一目見て恋に落ちてしまったドン・ジュアン。しかし、マリアにはラファエル(永久輝せあ)という戦地へ赴いている婚約者がいた。

    収録日・収録場所

    • 2016年7月6日/大阪 シアター・ドラマシティ

    出演

    • 出演
      望海風斗
    • 出演
      彩みちる
    • 出演
      彩風咲奈
    • 出演(専科)
      英真なおき
    • 出演(専科)
      美穂圭子

    スタッフ

    • 潤色・演出
      生田大和
  • 宝塚への招待

    「ポーの一族」(花組2018年)

  • 宝塚への招待

    「BADDY -悪党は月からやって来る-」美弥るりか×憧花ゆりの×宇月颯 副音声解説付

「宝塚への招待」© 宝塚歌劇団 © 宝塚クリエイティブアーツ 原作/篠原千絵「天は赤い河のほとり」(小学館)

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの