{"prg_cd":"115085"}
{"prg_cd":"114708"}
{"prg_cd":"113946"}
{"prg_cd":"114064"}
{"prg_cd":"114646"}
{"prg_cd":"113884"}
{"prg_cd":"112215"}
{"prg_cd":"113366"}
{"prg_cd":"114874"}
{"prg_cd":"114950"}
{"prg_cd":"022114"}
{"prg_cd":"112333"}
{"prg_cd":"114647"}
{"prg_cd":"114146"}
{"prg_cd":"114824"}
{"prg_cd":"114648"}
{"prg_cd":"114273"}
{"prg_cd":"113891"}
{"prg_cd":"114915"}
{"prg_cd":"111582"}
{"prg_cd":"114501"}
{"prg_cd":"114687"}
{"prg_cd":"114863"}
{"prg_cd":"113924"}
{"prg_cd":"115225"}

映画
万引き家族

万引き家族

5/6(月・休)よる9:00

5/12(日)午後1:00

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドール、第42回日本アカデミー賞では作品賞を筆頭に最多8部門で最優秀賞を受賞するなど、国内外で絶賛を博した是枝裕和監督の話題作。

これまでにも家族をテーマに数々の秀作を生み出してきた是枝裕和監督が、万引きをして日々の生計を立てるワケあり家族の日常にそっと寄り添いながら、本当の家族の絆とは何かを観る者に問いかける、集大成的作品を発表。第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝き、惜しくも受賞は逃したが第91回アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされるなど、海外でも高い評価を得た。是枝作品の常連俳優リリー・フランキー、今は亡き樹木希林に加え、初参加の安藤サクラらが、見応えのある演技合戦を披露。

My番組登録者数
  • 2
  • 2212
万引き家族

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドール、第42回日本アカデミー賞では作品賞を筆頭に最多8部門で最優秀賞を受賞するなど、国内外で絶賛を博した是枝裕和監督の話題作。

都会の片隅の今にも壊れそうなボロ家でひっそりと暮らす、治と妻の信代、息子の祥太、治の老母・初枝、そして信代の妹・亜紀の奇妙な5人家族。彼らは、家族ぐるみで店で万引きを働いたり、初枝が定期的にもらう年金を頼りに、どうにか毎日を送っていた。ある冬の晩、近所の団地の外で震える幼い女の子ゆりを見るに見かねた治が、彼女を家に連れ帰り、家族に新しい仲間が加わる。そんな彼ら一家は、実はある秘密を抱えていた…。

作品データ

  • 制作年/2018
  • 制作国/日本
  • 内容時間/121分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第71回(2018)カンヌ国際映画祭パルムドール

出演

役名 役者名
リリー・フランキー
信代 安藤サクラ
初枝 樹木希林
亜紀 松岡茉優
祥太 城桧吏
ゆり 佐々木みゆ
“4番さん” 池松壮亮

スタッフ

  • 監督
    是枝裕和
  • 脚本
    是枝裕和
  • 撮影
    近藤龍人
  • 音楽
    細野晴臣

関連特集

ワールドシネマセレクション:カンヌ国際映画祭2019

“映画芸術の祭典”の開催を記念した特集!

「万引き家族」初放送!映画監督 是枝裕和 ~長編劇映画全13作品一挙放送~

話題作を含む、監督の長編劇映画・全13本

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ワールドシネマセレクション:カンヌ国際映画祭2019

“映画芸術の祭典”の開催を記念した特集!

「万引き家族」初放送!映画監督 是枝裕和 ~長編劇映画全13作品一挙放送~

話題作を含む、監督の長編劇映画・全13本

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの