映画
菊とギロチン

菊とギロチン
現在、放送予定はありません。

大正末期、窮屈な世の中に風穴を開けようと懸命に奮闘した若者たちの姿を、「ヘヴンズストーリー」「友罪」の瀬々敬久監督が渾身の力を込めて熱く綴った青春群像劇の大作。

関東大震災直後の大正末期。不穏な時代の空気が漂う中、社会を変えようと立ち上がった、アナーキストの青年や女相撲の力士たち。彼らの奮闘する姿を通して、東日本大震災後の現代の日本を生きるわれらに活を入れようと、瀬々監督が長年構想を温めてきた企画をついに実現。「寝ても覚めても」の東出昌大や、オーディションでヒロインに抜擢された新星・木竜麻生、佐藤浩市の実子・寛一郎らが熱き競演を披露。第73回毎日映画コンクール日本映画優秀賞、スポニチグランプリ新人賞(=木竜)ほか、数多くの賞に輝いた。

My番組登録者数
  • 0
菊とギロチン

大正末期、窮屈な世の中に風穴を開けようと懸命に奮闘した若者たちの姿を、「ヘヴンズストーリー」「友罪」の瀬々敬久監督が渾身の力を込めて熱く綴った青春群像劇の大作。

大正末期、関東大震災直後の日本。社会情勢は急速に混迷の度合いを深め、人々は貧困と先行きの見えない閉塞感に深くあえいでいた。そんなある日、女相撲の巡業一座が東京近郊にやって来る。各自ワケありの女力士たちの中には、夫の暴力に耐えかねて家を飛び出した花菊がいる一方、興行を見に出掛けた見物客の中には、格差のない平等社会の実現を目指すアナーキスト集団「ギロチン社」のメンバー、中濱鐵と古田大次郎の姿もあった。

作品データ

  • 制作年/2018
  • 制作国/日本
  • 内容時間/189分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
花菊ともよ 木竜麻生
中濱鐵 東出昌大
古田大次郎 寛一郎
十勝川たまえ 韓英恵
岩木玉三郎 渋川清彦
和田久太郎 山中崇

スタッフ

  • 監督
    瀬々敬久
  • 脚本
    相澤虎之助
  • 脚本
    瀬々敬久
  • 撮影
    鍋島淳裕
  • 音楽
    安川午朗

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 見終えた後胸糞悪くなりました。

    • ★★☆☆☆
    • チャタローゴーゴー
    • 2019/11/17 15:16

    女相撲の群像劇というより、戦前の女性差別と共産主義思想を
    現実を織り交ぜて描いた下品な映画です。こんな映画に出演させられる女優さんが可哀そう。
    まどろみバーメイ
    続きを読む

  • 圧倒的にすごい

    • ★★★★★
    • ミーケン
    • 2019/11/15 12:09

    タイトルに興味をひかれて見た。女相撲取りとアナーキストにどういう接点が?3時間超あり、内容的にもハードで、3度に分けての録画視聴だが、その度に、すぐにその世界に 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの