ドキュメンタリー
銘酒誕生物語

2019年2月16日(土)、23日(土)午後0:40
銘酒誕生物語

継承と革新が生んだ至極の酒:山梨編

2/23(土)午後0:40

継承と革新が生んだ至極の酒:神奈川編

3/24(日)午後2:30

逸品の酒の誕生秘話に迫る「銘酒誕生物語」。今回は継承と革新が生んだ至極の酒と名高い「いづみ橋」(神奈川)と「七賢(しちけん)」(山梨)が登場。

逸品の酒の誕生秘話に迫る「銘酒誕生物語」。今回も監修の高木顕統(高木酒造「十四代」蔵元)が、自信を持って推薦する銘酒蔵が登場する。
今回登場するのは、神奈
続きを読む ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 386
  • 銘酒誕生物語

    継承と革新が生んだ至極の酒:山梨編

    2/23(土)午後0:40 2/23(土)午後0:40
    3/31(日)午後2:30 3/31(日)午後2:30
  • 銘酒誕生物語

    銘酒誕生物語 継承と革新が生んだ至極の酒:神奈川編

    3/24(日)午後2:30 3/24(日)午後2:30
    銘酒誕生物語

    逸品の酒の誕生秘話に迫る「銘酒誕生物語」。今回は継承と革新によって生まれた至極の酒、「いづみ橋(いづみばし)」(神奈川)が登場。

    逸品の酒の誕生秘話に迫る「銘酒誕生物語」。監修の高木顕統(高木酒造「十四代」蔵元)が自信を持って推薦する銘酒蔵が登場する。
    1857年創業。神奈川県海老名市で銘酒「いづみ橋(いづみばし)」を醸す泉橋酒造は、県内屈指の穀倉地帯である海老名耕地に蔵を構え、地元産の潤沢な米と丹沢山系の伏流水という2つの恵みを活かした酒造りをしている。
    6代目・橋場友一さんは慶應義塾大学卒業後、一般企業に勤務していた異色のキャリアを持つが、蔵を継いだ後、地元農家と協力し栽培した米で「きもと仕込み」にこだわってきた。きもと仕込みとは自然の乳酸菌の力で雑菌を排除し、酵母が活動しやすい状態をつくりアルコール発酵を促進する方法。より自然界の味わいが活きた酒になるとされる一方で、醸造家の腕が問われる醸造法だ。橋場さんはいかにしてその醸造法を極め、最高の銘酒「いづみ橋」を生み出したのか。(2019年)

    出演

    • 橋場友一(神奈川 泉橋酒造)

    スタッフ

    • 監修
      高木顕統
    • 演出
      中山高嘉
    • プロデューサー
      太田慎也
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの