ステージ
はじめての談志×これからの談志 2019 よかちょろ~山崎屋

はじめての談志×これからの談志 2019

1/2(水)午前10:00

膨大に残された天才落語家・立川談志の映像遺産から、厳選した演目をお届け。4年目となる今回は、談志の落語愛と創意工夫が詰まった大作「よかちょろ~山崎屋」を放送。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 238
はじめての談志×これからの談志 2019

膨大に残された天才落語家・立川談志の映像遺産から、厳選した演目をお届け。4年目となる今回は、談志の落語愛と創意工夫が詰まった大作「よかちょろ~山崎屋」を放送。

2011年に75歳で逝去した天才落語家・立川談志。その破天荒で強烈な存在と生き方は異彩を放ち、伝説化された高座や「立川流」を築き上げるという多大な功績を残してきた。WOWOWは、談志の生誕80年の2016年から毎年、誕生日である1月2日(初回放送時)に、厳選された彼の貴重な高座の映像をお届けする特集番組「はじめての談志×これからの談志」を放送してきた。4年目となる今回は、談志が最も円熟した黄金期のど真ん中といえる演目をお送りする。
「よかちょろ~山崎屋」は2007年5月6日、横浜にぎわい座で収録された演目。「よかちょろ」は古典落語の「山崎屋」の前半部分だったものを初代三遊亭遊三が独立したはなしとして改作し、八代目桂文楽の十八番として知られた名作。談志はその「よかちょろ」と「山崎屋」を続けて演じ、再び長編の大作としてよみがえらせた。談志の深い落語愛が感じられる一席をご覧あれ。

収録日・収録場所

  • 2007年5月6日 /神奈川 横浜にぎわい座

出演

  • 立川談志

関連特集

新春!ニッポンの伝統特集 ~歌舞伎・落語・狂言~

関連特集

新春!ニッポンの伝統特集 ~歌舞伎・落語・狂言~

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの