ステージ
メトロポリタン・オペラ

メトロポリタン・オペラ

ベッリーニ《ノルマ》 新演出

12/22(土)午後5:30

モーツァルト《魔笛》

1/5(土)午前10:00

世界最高峰メトロポリタン歌劇場からのオペラ中継。最先端の演出と超一流の歌手による超絶技巧のコラボレーション。幕間には歌い終わったばかりの歌手のインタビューも。

ニューヨークにある世界最大級のオペラハウス「メトロポリタン歌劇場」。1883年に創設されて以来、最高水準のオペラを上演し続けるこの舞台は、世界トップ歌手たちの夢 続きを読む ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 346
  • メトロポリタン・オペラ

    メトロポリタン・オペラ ベッリーニ《ノルマ》 新演出

    12/22(土)午後5:30 12/22(土)午後5:30
    メトロポリタン・オペラ

    2017-18シーズンの放送決定。オープニングは、かのマリア・カラスが愛した感動作を新演出でお届け。禁断の恋に落ちた巫女を待ち受ける運命の三角関係を描いた傑作。

    ベッリーニが30歳のときに作曲し、19世紀ロマン派音楽の扉を開いたイタリア・オペラの名作。流麗で美しいが、最も難度が高いメロディーをS・ラドヴァノフスキー、J・ディドナートというベルカントの二大女王がすばらしい演唱で披露する。第1幕で歌われる「清らかな女神」はM・カラスが愛したアリアとしても有名。彼女に「すべてのアリアの中で最も難しい」と言わしめたその劇的で表情豊かな旋律は大きな聴きどころだ。さらにD・マクヴィカーによる新演出は、神秘的な森の美しいビジュアルが印象深く、物語に奥行きを与えている。
    恋愛が禁じられている巫女でありながら、ローマ帝国の将軍ポッリオーネとの間に子どもをもうけていたノルマ。しかしポッリオーネは若い巫女アダルジーザに心を奪われてしまい、運命の三角関係が展開する。ノルマの女性として母として“愛”を貫いた気高い姿が感動を呼ぶ。2017-18シーズンオープニング作品。

    収録日・収録場所

    • 2017年10月7日/アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク メトロポリタン歌劇場

    出演

    役名 役者名 役割
    カルロ・リッツィ 指揮
    ノルマ ソンドラ・ラドヴァノフスキー 出演
    アダルジーザ ジョイス・ディドナート 出演
    ポッリオーネ ジョセフ・カレーヤ 出演
    オロヴェーゾ マシュー・ローズ 出演

    スタッフ

    • 演出
      デイヴィッド・マクヴィカー

    関連特集

    12月MET特集:女が決断するとき

    土曜ステージ

    土曜夜はチケット入手困難な話題のステージ

  • メトロポリタン・オペラ

    モーツァルト《魔笛》

    1/5(土)午前10:00 1/5(土)午前10:00
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの