映画
リメンバー・ミー(2017)

リメンバー・ミー(2017)

11/23(土・祝)よる6:00

12/5(木)午後5:30

第90回アカデミー賞で長編アニメ映画賞と歌曲賞に輝いた、ディズニー/ピクサーの感動作。ミュージシャンを夢見る少年は、先祖の魂を迎える“死者の日”に驚異の世界へ。

メキシコ文化をリスペクトしつつ、多世代から成る家系の絆を、ディズニー/ピクサーならではという美しいビジュアル&サウンドで描き、見る者の喜怒哀楽をひたすら揺さぶる傑作だ。本作が生まれた背景には米国でヒスパニックの人口が増えたことに加え、トランプ政権に対抗するような、多様性(ダイバーシティ)を重視する時流が重なったこともあるが、夢を大切にというメッセージが輝く、とびきりエモーショナルな良作に仕上がった。「トイ・ストーリー3」のL・アンクリッチ監督がまたも放った大ホームランである。

My番組登録者数
  • 432
リメンバー・ミー(2017)

第90回アカデミー賞で長編アニメ映画賞と歌曲賞に輝いた、ディズニー/ピクサーの感動作。ミュージシャンを夢見る少年は、先祖の魂を迎える“死者の日”に驚異の世界へ。

メキシコの町サンタ・セシリア。ギターの天才で、音楽家を目指す12歳の少年ミゲルだが、彼の家族は過去の因縁から音楽と接することをタブーにしていた。だが年に1度の“死者の日”、ミゲルはひょんなことから自分の祖先が人気歌手デラクルスであるという可能性を知る。そんなミゲルは亡くなった人々が暮らす“死者の国”に迷い込んでしまうが、日の出までに元の世界に戻らないと彼は永遠に家族と再会できなくなることに……。

作品データ

  • 原題/Coco
  • 制作年/2017
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(吹替版)/106分
  • ジャンル/アニメーション

受賞歴

  • 第90回(2017)アカデミー賞歌曲賞
  • 第90回(2017)アカデミー賞長編アニメ映画賞

出演

役名
ミゲル 石橋陽彩
ヘクター 藤木直人
エルネスト・デラクルス 橋本さとし
イメルダ(ミゲルの高祖母) 松雪泰子
エレナ(ミゲルの祖母) 磯辺万沙子

スタッフ

  • 監督
    リー・アンクリッチ
  • 共同監督
    エイドリアン・モリーナ
  • 製作総指揮
    ジョン・ラセター
  • 製作
    ダーラ・K・アンダーソン
  • 原案
    リー・アンクリッチ
  • 原案
    エイドリアン・モリーナほか
  • 脚本
    エイドリアン・モリーナ
  • 脚本
    マシュー・オルドリッチ
  • 音楽
    マイケル・ジアッキノ

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • ビニール人形みたいな人物デザインが好きになれない。

    • ★★★☆☆
    • ハムハム探検隊
    • 2019/06/23 16:47


    この作品に限ったことではないが、アニメなのに人形劇観てるみたいな、人物デザインは 良き時代ののディズニー映画を知っていると嫌悪感さえ感じる。 ストーリー自体は
    続きを読む

  • よかった

    • ★★★★★
    • モリピロ
    • 2019/01/24 22:54

    最初はエルネストが先祖かと思ったら、なんと!!のどんでん返し、最後にはちゃんと感動出来ました。良かったです。

  • ネタバレ号泣!!

    • ★★★★★
    • いかちゅー
    • 2019/01/24 22:45

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの