{"prg_cd":"113492"}
{"prg_cd":"113525"}
{"prg_cd":"107891"}
{"prg_cd":"112603"}
{"prg_cd":"111780"}
{"prg_cd":"113353"}
{"prg_cd":"111781"}
{"prg_cd":"112820"}
{"prg_cd":"112484"}
{"prg_cd":"113903"}
{"prg_cd":"113803"}
{"prg_cd":"113804"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113371"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"113985"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"112308"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"112801"}
{"prg_cd":"113660"}

ステージ
プレルジョカージュ振付 「in N.Y」

プレルジョカージュ振付 「in N.Y」

11/18(日)よる7:30

コンテンポラリー・ダンスにおいて今、最も注目を集めているフランスの世界的な振付家、アンジュラン・プレルジョカージュの話題作「in N.Y」を放送。

もともとダンサーだったプレルジョカージュは1984年に振付家としてデビュー。バレエカンパニーを設立し、名門のパリ・オペラ座バレエ団や、ニューヨークシティ・バレエ団、ベルリン・ドイツ・オペラなどへ作品の提供を行なっている。2017年にはコンテンポラリー・ダンスに人生を懸ける天才バレエ少女の成長を描いた映画『ポリーナ、私を踊る』で監督を務めており、今、注目の存在だ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 247
プレルジョカージュ振付 「in N.Y」

コンテンポラリー・ダンスにおいて今、最も注目を集めているフランスの世界的な振付家、アンジュラン・プレルジョカージュの話題作「in N.Y」を放送。

フランスのコンテンポラリー・ダンスの振付家アンジュラン・プレルジョカージュがかつてニューヨークシティ・バレエ団のために振り付けた舞台「LES PIECES DE NEW YORK」。彼が自身のカンパニーでそれを美しく再解釈した「スペクトル・エビデンス」と「ラ・ストラヴァガンツァ」の2作をお届けする。バレエの伝統を踏まえつつも、さまざまな分野のアーティストと共同製作を行ない、作品を生み出している彼の話題作。
「スペクトル・エビデンス」は、17世紀に行なわれた“セイラム魔女裁判”の忌まわしき記憶を語っている。死を意味する白に身を包んだ“魔女”たちと、黒を身にまとった“牧師”たちが登場。ジョン・ケージの音楽が醸す荘厳な雰囲気の中、最小限の装飾も相まって緊張感が高まっていく。完璧な振り付けで見せる伝統的なバレエをもとにした手法だが、結果として強烈に現代性を擁した作品になっている。
「ラ・ストラヴァガンツァ」が語るのは“移民”について。2グループのダンサーたちは、現地住民の一団と新しくやって来た開拓住民の一団が、時代を移ろい様式を変えていく姿を表わしている。冒頭で2グループ間の踊りははっきりと異なるが、徐々に変化し完全な変容を迎える。そして、より現代的でアメリカ風の演出がヴィヴァルディの音楽と結び付き、現在と過去が、新しい世界と古い世界が対話しているという構図を成している。

演目

  • スペクトル・エビデンス(Spectral Evidence)、ラ・ストラヴァガンツァ(La Stravaganza)

収録日・収録場所

  • 2017年6月/フランス・モンペリエ ベルリオーズ=ル・コリュム・オペラ座

出演

  • バレエ・プレルジョカージュ

スタッフ

  • 振付
    アンジュラン・プレルジョカージュ
  • 音楽
    ジョン・ケージ
  • 音楽
    アントニオ・ヴィヴァルディ
  • 音楽
    セルジュ・モラン
  • 音楽
    イヴリン・フィカーラ
  • 音楽
    ロバート・ノルマンドー
  • 音楽
    アク・パルメラド
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの