{"prg_cd":"113253"}
{"prg_cd":"108372"}
{"prg_cd":"011549"}
{"prg_cd":"105661"}
{"prg_cd":"111803"}
{"prg_cd":"111946"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"112322"}
{"prg_cd":"112739"}
{"prg_cd":"112661"}
{"prg_cd":"064190"}
{"prg_cd":"112663"}
{"prg_cd":"113520"}
{"prg_cd":"113000"}
{"prg_cd":"113642"}
{"prg_cd":"113251"}
{"prg_cd":"113116"}
{"prg_cd":"112786"}
{"prg_cd":"113563"}
{"prg_cd":"112987"}
{"prg_cd":"108704"}
{"prg_cd":"113280"}
{"prg_cd":"113375"}
{"prg_cd":"113985"}
{"prg_cd":"114200"}

ドキュメンタリー
エルヴィス・プレスリー:ザ・サーチャー ~キング・オブ・ロックの魂の記録~

8月16日(木)よる8:00~(全2回)
エルヴィス・プレスリー:ザ・サーチャー ~キング・オブ・ロックの魂の記録~

前編

11/18(日)午前9:00

後編

11/18(日)午前10:50

ロックンロールの伝説的存在、エルヴィス・プレスリー。彼の知られざる内面に深く入り込み、常に音楽を通して何かを探求し続けた孤高の男の姿を描き出す。

1950年代、大衆音楽において新たなジャンル、ロックンロールの人気が爆発したが、それに大きく貢献した歌手のひとりがプレスリー。ステージでセクシーに踊る姿や斬新な 続きを読む ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 222
  • エルヴィス・プレスリー:ザ・サーチャー ~キング・オブ・ロックの魂の記録~

    エルヴィス・プレスリー:ザ・サーチャー ~キング・オブ・ロックの魂の記録~ 前編

    11/18(日)午前9:00 11/18(日)午前9:00
    エルヴィス・プレスリー:ザ・サーチャー ~キング・オブ・ロックの魂の記録~

    ロックンロールの伝説的存在、エルヴィス・プレスリー。彼の知られざる内面に深く入り込み、常に音楽を通して何かを探求し続けた孤高の男の姿を描き出す。

    アメリカ・HBOで2018年4月14日に放送されたドキュメンタリー前後編の前編。プレスリー自身が歌っている姿など、新たに発掘された貴重な映像・写真を豊富に使い、プレスリーが残したヒット曲・名曲もたっぷりと聴かせる。プレスリーに強く影響を受けた大物たち、ブルース・スプリングスティーン、トム・ペティなどのコメントも満載。タイトル中の“ザ・サーチャー”が意味するのは、プレスリーが音楽を通じて、何かを探求し続けたこと。
    1935年、南部ミシシッピ州の貧しい家に生まれたプレスリーは、幼いころからギターの演奏に熱中。家族と引っ越した先のメンフィスはアフリカ系市民が多く住み、プレスリーは彼らの音楽、リズムアンドブルース(R&B)をよく聴いた。高校卒業後、才能を認められたプレスリーはプロ歌手になり、白人のカントリー音楽にアフリカ系市民のR&Bをミックスさせることで独自の音楽性を発揮。
    しかし、まだ保守的だった時代とあって歌手プレスリーはアフリカ系市民を差別する人々から嫌われ、教育界では若者たちを不良にするなどの批判を浴びた。それでも時代のカリスマになったプレスリーは次々とヒット曲を量産し、歴史に残る偉大な存在になっていく…。

    スタッフ

    • 監督
      トム・ジムニー
  • エルヴィス・プレスリー:ザ・サーチャー ~キング・オブ・ロックの魂の記録~

    後編

    11/18(日)午前10:50 11/18(日)午前10:50
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの