ステージ
劇団☆新感線 ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』

劇団☆新感線 ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』

6/1(土)午後0:00

  •  

    12カ月連続放送!劇団☆新感線「花鳥風月極&名作選」

    <放送ラインナップ>

    • ・劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season花
    • ・劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season鳥
    • ・劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season風
    • ・劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season月“上弦の月”
    • ・劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season月“下弦の月”
    • ・劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』
    • ・劇団☆新感線 ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』
    • ・劇団☆新感線 ゲキ×シネ『朧の森に棲む鬼』
    • ・劇団☆新感線 ゲキ×シネ『蜉蝣峠』
    • ・劇団☆新感線 ゲキ×シネ『蛮幽鬼』
    • ・劇団☆新感線 ゲキ×シネ『シレンとラギ』
    • ・劇団☆新感線 ゲキ×シネ『蒼の乱』

市川染五郎(現・松本幸四郎)、天海祐希、伊原剛志らが出演。人と鬼との千年悲劇の幕が開く。その先にあるのは、滅びか救いか…。エンターテインメントの神髄がここに!

1980年の旗揚げ以来、演劇史に残る傑作を生み出し続けてきた劇団☆新感線。IHIステージアラウンド東京で14カ月にわたる連続上演を行なった『髑髏城の七人』“花・鳥・風・月・極”すべてのシーズンと、ゲキ×シネからWOWOW初登場の名作6作を加えて12カ月間にわたって特集してきた。大トリとなる第12弾は、松竹とタッグを組み、美し過ぎるラストシーンに多くの観客が感涙した劇団☆新感線の代表作「阿修羅城の瞳2003」をお送りする。

My番組登録者数
  • 548
劇団☆新感線 ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』

市川染五郎(現・松本幸四郎)、天海祐希、伊原剛志らが出演。人と鬼との千年悲劇の幕が開く。その先にあるのは、滅びか救いか…。エンターテインメントの神髄がここに!

主演の七代目市川染五郎(現・松本幸四郎)は壮絶な過去を持つ浪人・病葉出門(わくらばいずも)を演じ、圧倒的な存在感で舞台を牽引。出門に近づく謎の女つばきを演じるのは天海祐希。「修羅天魔~髑髏城の七人 Season極」で主演を務めた彼女の劇団☆新感線初参加作品となる。敵役・邪空のすさまじい執念を体現したのは伊原剛志。染五郎との鬼気迫る立ち回りは圧巻だ。共演者には、夏木マリ、近藤芳正、小市慢太郎、高田聖子、橋本じゅんと個性あふれるキャストが勢ぞろい。
【ストーリー】
“阿修羅”―それは鬼の王。阿修羅が目覚めるとき、逆しまの天空に不落の城が浮かび、やがて現世は魔界に還る…。
時は文化文政、江戸の町に忽然と現われた人を襲う鬼たち。闇にうごめく異形の一群を退治するための特務機関“鬼御門(おにみかど)”が組織され、人と鬼との戦いが日夜繰り広げられていた。浪人の病葉出門(松本幸四郎)はかつて鬼御門に所属し“鬼殺し”と恐れられる腕利きの魔事師だったが、ある事件を境にそれまでの一切を捨てた男。しかし謎の女つばき(天海祐希)との出会いが彼の運命を狂わせる。つばきを執拗に追う鬼御門の邪空(伊原剛志)の存在、さらに鬼を率いるあやかしの美惨(夏木マリ)。阿修羅の復活の先にあるものとは…。人と鬼との飽くなき殺戮の時が始まる。

収録日・収録場所

  • 2003年8月26日/東京 新橋演舞場

出演

  • 松本幸四郎
  • 天海祐希
  • 夏木マリ
  • 高田聖子
  • 橋本じゅん
  • 小市慢太郎
  • 近藤芳正
  • 伊原剛志

スタッフ

  • 中島かずき
  • 演出
    いのうえひでのり

関連特集

12カ月連続放送!劇団☆新感線「花鳥風月極&名作選」

関連特集

12カ月連続放送!劇団☆新感線「花鳥風月極&名作選」

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの