{"prg_cd":"113198"}
{"prg_cd":"113201"}
{"prg_cd":"112484"}
{"prg_cd":"113206"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"113200"}
{"prg_cd":"113203"}
{"prg_cd":"065789"}
{"prg_cd":"111621"}
{"prg_cd":"109300"}
{"prg_cd":"108710"}
{"prg_cd":"113724"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"114202"}
{"prg_cd":"113464"}
{"prg_cd":"114204"}
{"prg_cd":"112563"}
{"prg_cd":"113065"}
{"prg_cd":"113415"}
{"prg_cd":"113095"}
{"prg_cd":"112448"}
{"prg_cd":"113898"}
{"prg_cd":"113860"}
{"prg_cd":"113443"}
{"prg_cd":"113840"}

ステージ
劇団☆新感線 ゲキ×シネ『蒼の乱』

劇団☆新感線 ゲキ×シネ『蒼の乱』

12/24(月・休)午後5:00

激動の時代、伝説の男とともに強くりりしく美しく生きたヒロインを天海祐希が演じる。松山ケンイチ、早乙女太一、平幹二朗ら豪華出演者で描く壮大な歴史ファンタジー。

1980年の旗揚げ以来、演劇史に残る傑作を生み出し続けてきた劇団☆新感線。IHIステージアラウンド東京で14カ月にわたる連続上演を行なった『髑髏城の七人』“花・鳥・風・月・極”すべてのシーズンと、ゲキ×シネからWOWOW初登場の名作6作を加えて12カ月間特集して放送。その第6弾として、2014年に天海祐希主演で上演された戦乱ドラマ「蒼の乱」を放送。
天海の劇団☆新感線作品への出演は3回目。唯一無二の存在感を持つ強く美しい女性・蒼真を演じる。蒼真に対し、愚直で若々しい将門小次郎を演じるのは松山ケンイチ。舞台では初共演の2人が見せる複雑な関係の変化、微妙な感情の揺れを表現したシーンは大きな見どころ。そして早乙女太一、梶原善、森奈みはる、粟根まこと、高田聖子、橋本じゅんといった個性派俳優がそろい、さらに演劇界の重鎮・平幹二朗が物語に深みを与える重厚なステージは必見だ。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 923
劇団☆新感線 ゲキ×シネ『蒼の乱』

激動の時代、伝説の男とともに強くりりしく美しく生きたヒロインを天海祐希が演じる。松山ケンイチ、早乙女太一、平幹二朗ら豪華出演者で描く壮大な歴史ファンタジー。

2014年に天海祐希主演で上演された戦乱ドラマ「蒼の乱」を放送。さまざまな逸話を残す歴史上の人物である平将門をモチーフとし、業を背負った女と自分に真っすぐな男、2人がたどり着いた運命に多くの観客が涙した話題作。
【ストーリー】
すべてが混沌のうちにあった時代。贅沢三昧に暮らしていた貴族らの宴の席で、渡来衆の一団が占いに見たのは、国家大乱があるという凶相だった。その場で処罰されそうになった渡来衆のおさ・蒼真(天海祐希)は、坂東武者の将門小次郎(松山ケンイチ)によって助けられる。しかし都に逃げ場はなく、追い詰められた彼らは謎の剣士・帳の夜叉丸(早乙女太一)に案内され、西海へと導かれることに。
瀬戸内を荒らし回る大海賊のもとへ連れてこられた蒼真らは、新しい政府を立てるため、東国で蜂起するよう促されるが、小次郎は躊躇する。真っすぐで無垢な小次郎という男に惹かれ始めていた蒼真だったが、彼女自身の過去から、ある不安がよぎっていた。
東国の地へと戻った小次郎が目にしたのは、飢えて苦しむ民の姿。そして、その東国で出会った蝦夷の大君(平幹二朗)がささやいた言葉は、後に蒼真と小次郎を引き裂くことになるのだった。

収録日・収録場所

  • 2014年4月16日/東京 東急シアターオーブ

出演

  • 天海祐希
  • 松山ケンイチ
  • 早乙女太一
  • 梶原善
  • 森奈みはる
  • 粟根まこと
  • 高田聖子
  • 橋本じゅん
  • 平幹二朗

スタッフ

  • 中島かずき
  • 演出
    いのうえひでのり

関連特集

12カ月連続放送!劇団☆新感線「花鳥風月極&名作選」

関連特集

12カ月連続放送!劇団☆新感線「花鳥風月極&名作選」

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの